2016年06月28日更新
体幹 トレーニング 姿勢

姿勢がきれいになるだけじゃない 体幹トレーニング

体幹を鍛えるのはどうすればいいか分からない。きれいな姿勢に憧れる。って思っている人も多くいるはず。体幹を鍛えるとどんな良いことがあるのか、確認していこう!「画像をクリックすれば、画像が拡大されます。」

1063
0
・ケガをしにくいトレーニングが出来る。
・自宅など省スペースで行える。
・体幹の安定により日常の動作が楽になる。
・姿勢の改善。
・腰痛などの体の痛みを未然に防ぐ。
・運動パフォーマンスの向上。
引用元:start-diet.com(引用元へはこちらから)

色々な効果がある体幹トレーニング
ダイエットだけじゃなくて 普段の生活が楽になるなんてうれしい効果がいっぱい

体幹トレーニング

ドローイン

ドローインは空気をゆっくり吸い込んでおなかを膨らませ、ゆっくり息を吐きながら、徐々におなかをへこませる行為 を指します。単純な動きの繰り返しですが、この状態を保ちながら日常生活を送るだけでも、立派な体幹トレーニングとなります。
引用元:shuchi.php.co.jp(引用元へはこちらから)
ドローインの大事なポイントは、息を吐く際に、おなかと背中がくっつくくらいに、おなかをへこませる点です。このとき、おへそ周りの筋肉を縮めるイメージを持てば、よりしっかりと体幹部に刺激を与えられます。
引用元:shuchi.php.co.jp(引用元へはこちらから)
画像を拡大

しっかりお腹をへこませる

出典:mery.jp
画像を拡大

仰向けで、膝を立てて
してもOK

出典:youtuu.kamera-life.com

基礎代謝をあげるトレーニング

画像を拡大

レッグエクステンション

椅子の座面を握り、上体を安定させる。太腿前面の筋肉を意識しながら、片足を水平に上げる。その姿勢を30 秒キープし、ゆっくりと下ろす。その際、足の裏は地面につけない。両足とも30 秒〜1分行おう。

出典:gqjapan.jp
画像を拡大

アダクター

肘を床につき、横向きに寝転がる。左脚を右脚の太腿前にクロスする。その体勢から右脚をゆっくり上げ、トップの位置で30 秒〜1分キープ。左脚も同様に行う。内股が鍛えられ、尻のたるみも解消される。

出典:gqjapan.jp
画像を拡大

バックポジション

背中と両手を床に着ける。その体勢から、ゆっくりと尻を上げていき、トップの位置で30 秒〜1分キープする。尻を下げるときはゆっくりと。背筋と脹脛、尻を鍛え、引き締まった体幹をつくりあげていく。

出典:gqjapan.jp
画像を拡大

サイド・エクササイズ

横向きに寝転がり、片肘を直角に曲げて床に立てる。次に揃えた両足を支点とし、上体をゆっくりと上げる。体幹を意識しながら、その姿勢を30 秒〜1分キープする。脇腹を鍛えて、たるんだ腹を引っ込める。

出典:gqjapan.jp
画像を拡大

よゆうがあれば・・・




サイドレッグリフト

上のほうの足を、伸ばしたまままっすぐ持ち上げます。★45秒キープ★

出典:jooy.jp
画像を拡大

プローン

まず、床にうつ伏せとなる。両肘を直角に曲げ、床に着く。次に爪先を床に立て、背筋を伸ばしたまま上体をゆっくりと上げていく。その姿勢を30 秒〜1分キープする。腹と胸の筋肉を鍛えて体幹を強化する。

出典:gqjapan.jp

まとめ作者