2016年06月28日更新
日焼け スプレー パウダー

紫外線も怖くない!日焼け止めの選び方 ② タイプ別

日焼け止めってミルクタイプだけじゃなくて、スプレーやスティック、パウダー、ジェル、シートタイプまである。 そんな日焼け止めの選び方って知っている? 日焼け止めの選び方を知れば紫外線も怖くない!?

161
0

日焼け止めのタイプ

日焼け止めのタイプは色々あるけど
あればあるほど
どれを使えばいいか分からない

そんな タイプの特徴を知って
適したものを使おう

知っておきたい 日焼け止めのタイプと特徴

クリームタイプ

水分や油分が不足しがちな乾燥肌や、敏感肌の方には、クリームタイプがオススメ。
保湿成分が含まれていて、スキンケア効果のあるものも。
引用元:www.uv-cut.jp(引用元へはこちらから)
また毛穴に油分が詰まりやすいので、日焼け止めを落とす際もしっかりと落とすことが大切です
引用元:news.ameba.jp(引用元へはこちらから)

つけ易さ◎

メリット:保湿効果(乾燥肌、敏感肌向け)

デメリット:脂肌には不向き、キチンと落とす必要あり

【デイリー使いのメイン】

ミルクタイプ

海やアウトドアなど日差しを長時間浴びる時には定番のミルクタイプがオススメです。ミルクタイプは持続性が高いので塗り直しも少なく済みます。
引用元:lbr-japan.com(引用元へはこちらから)
脂症の人や、夏場の暑い時期にオススメなのが、ミルクタイプの日焼け止めです。

とくに脂症の人の場合、マットな感触のミルクローションを使用すると、他タイプの日焼け止めに比べ、肌がサラッと仕上がるのがよく分かると思います。
引用元:hot-topic-news.com(引用元へはこちらから)

つけ易さ◎

メリット:強力、持続性あり、脂肌向き

デメリット:、強力なため肌の負担あり

【デイリー使いのメイン】

パウダータイプ

長所
いつでもどこでもお化粧の上から気軽に塗り直せる
肌にやさしい

短所
単体で使っても効果が弱い
汗で流れやすい
引用元:www.ci-labo.com(引用元へはこちらから)

つけ易さ◯

メリット:簡単につけられる
デメリット:単独使いは不向き

【サポート役】

まとめ作者