2016年06月28日更新
〇〇妻 東山紀之 遊川和彦

柴咲コウが主演のドラマ『〇〇妻』なぜいつもボーダー服を着用していたのか?

『〇〇妻』の柴咲コウがいつも着ているボーダー服。ボーダー服はなにかしらのメッセージ? 柴咲コウ演じる『〇〇妻』ひかりとはいったい何者なのか? 【画像クリックで画像が拡大されます】

2143
0

◯◯妻ひかり(柴咲コウ)は、いつもひっつめ髪で質素なボーダーのカットソーを着ている。ひかり(柴咲コウ)なぜかいつもボーダー服を着用していたのを調べました。

『〇〇妻』あらすじ

夫・正純(東山紀之)のために全てを尽くす妻・ひかり(柴咲コウ)。「内助の功」という言葉が相応しいその振る舞いに、正純含め周囲の人間はただただひかりに感心していた。

ひかりの夫・正純は、ニュース番組のメーンキャスターを務めており、歯に衣着せない発言で人気を博していた。ただ、番組の目玉である正純のコーナーの視聴率が下がり始め、正純を邪険にするテレビ局の上層部が、ここぞとばかりに新企画を提案し、正純を抑え込もうとする。悩む正純に対し、ひかりは正純を励まし、とんでもない行動を開始するのだった。

何故ひかりは夫に尽くすのか。理想的な夫婦と言われる2人の生活を明かす形で、その謎は明かされていく.......。大ヒット作『家政婦のミタ』を手がけた遊川和彦氏が脚本を務め、作中内では湯川氏曰くの「究極のラブストーリー」が描かれる。

「◯◯妻」(NTV水曜10時〜)が絶好調!

第4話までの平均視聴率は14.6%(関東地区 ビデオリサーチ調べ)で、2月11日放送の第5話に期待がかかる。
引用元:www.excite.co.jp(引用元へはこちらから)
このドラマは、はたから見れば理想的に見える妻がもつ「秘密」を通して「新しい夫婦のカタチ」を描いていく・・という物語です。
引用元:nekomarimo.com(引用元へはこちらから)
1話からずっと、柴咲コウ演じる◯◯妻・ひかりとはいったい何者なのか? その謎で引っ張ってきた。
引用元:www.excite.co.jp(引用元へはこちらから)

なぜ?『◯◯妻』ひかり(柴咲コウ)は、質素なボーダーを着ている

自分のことは二の次で、夫である人気ニュースキャスター久保田正純(東山紀之)に尽くしまくり、山内一豊の妻のようだと表されるほど。
家事全般優秀、正純の父母にも実にかいがいしく接し、夫の仕事のバックアップも徹底的。
引用元:www.excite.co.jp(引用元へはこちらから)
気になるボーダー服。細いのから太いのまで幅はいろいろあれど常にボーダー服という記号的な◯◯妻は、実はかわいい万能奥様ロボットとかいう話だとわかりやすいが、そういうファンタジックな話ではないことは、劇中、正純が、忍者か、ロボットか、透明人間か、などと毎回、疑問視するシーンが出てきて、その都度、ひかりが「違うと思うけど」と真顔で答えることで、十分わかっている。
引用元:www.excite.co.jp(引用元へはこちらから)
画像を拡大

ボーダー

出典:utauma.pink

◯◯妻 1話 

まとめ作者