2016年06月28日更新
深爪 爪いじり 爪噛み

【深爪対策】深爪になる心理と予防法とは?

深爪になると見た目も良くないし、コンプレックスに感じている人も多いと思います。さらに深爪が深刻化すると手術が必要になるケースもあります。 そうなる前に、今回ご紹介するケアと予防法を試してみて、キレイな爪を育てましょう!

27874
1

■子供の場合

・親からの愛情不足
・欲求不満

親から自分への関心や愛情を感じない時に寂しくなり、自分の爪を噛んでしまうようです。
例えば、弟が生まれて自分が放ったらかされるようになったり、他の兄弟の誕生日で自分以外に関心が向いている場合に起こりやすいです。
つまり、親に自分の存在を認めてもらいたいがために爪を噛み自分を傷つけているのです。

■爪をいじる癖の止めさせ方:小児の場合

子供の場合、精神な未熟さ、集団への適応の問題などの背景があった上での癖ですから、叱りつけて止めさせるのは極めて困難なことです。
家族や教師と相談しながら不安や不満の原因を見つけて取り除く
躾用に市販されている苦み成分を含むマニキュア(バイターストップなど)を塗る
深爪や不潔の危険について話して聞かせる
児童心理士に相談する
引用元:allabout.co.jp(引用元へはこちらから)

■大人の場合

・苛立ち
・欲求不満
・情緒不安定

自分の思い通りに事が進まない場合や、自分を上手くコントロールできなかったりした場合に、自分の爪を噛んでしまうようです。
例えば、仕事で上手くいっていない時や、どうしたらいいか分からなくなった時などです。
爪を噛む行為には緊張を和らげたり、ストレスを開放する効果があります。

基本的には子供から大人になるにつれて爪を噛む癖はなくなっていきます。
それは、「自制心」が成長するにつれて強くなってくるからです。

大人になっても爪を噛んでしまう人は「自制心」が欠如していることになります。
ですので、自分をコントロールできなかったり、上手くいかなかった時に自分を傷つけるという行為となって表れるのです。

■爪をいじる癖の治療法:成人の場合

成人の場合、社会への適応を最優先に考えます。爪の変形が、仕事上など人目に触れるシーンで問題になってしまうことが多いので、まずは見た目の改善を行います。

短くなった爪をアクリル樹脂で長さ出しをしたり、爪の表面に凸凹のキズがある場合はそれを埋めるなどの施術を行います。保護された状態で爪が伸びるのを待っていると数ヶ月で爪は正常になります。その後も爪いじりをしてしまわないよう、爪の表面に硬いアクリル樹脂を塗って保護する方法なども選択できます。
引用元:allabout.co.jp(引用元へはこちらから)

深爪・爪の異常の改善 手入れの基本

出展:Youtube

深爪・爪の異常の改善 手入れの基本

深爪や爪のトラブルを専門に扱う専門ネイルサロン、バハネイルから発売のオリジナル・ブランド、kainaの使用方法です。爪のトラブルの原因の大...

深爪の治し方

深爪をそのまま放置すると、指先が爪より盛り上がって角質化してたこのように固くなります。常に爪先がむずがゆくなるため、ついいじってしまう、噛んでしまうの繰り返しが起こります。そして爪が徐々に変形していく怖いものです。こうなる前に適切な処置を行って、深爪を治して行きましょう。

その1:ネイルサロンに相談する

爪の専門家に相談してみましょう。深爪の矯正というものがあるようです。スカルプチャーと呼ばれるアクリル樹脂でできた人工爪(付け爪)を自分の爪の上に貼付ける矯正方法です。定期的にケアをしなければなりませんが、見た目はきれいだし、自分の爪を触ろうと思っても人工爪があるので触れません。深爪をすぐに改善したい方におすすめの方法です。ただ、この矯正法を行っても、爪を噛むという癖は治さない限り、噛んでしまうので注意が必要です。
引用元:healty-lifestyle.com(引用元へはこちらから)
その2:自分で手入れをする

深爪をしてしまった爪は、弱くなってしまっている可能性があります。薄かったり、割れやすいことも多々ありますので、自宅で出来るケアを行って爪を強くしていきましょう。ベースマニキュアを塗って、次にトップコートを塗ります。このように爪の補強を行い、爪を伸ばして行きます。そして、程よく伸びたら爪を横一線に切りそろえて、角の部分だけ切り落とします。そのとき、常に指先を清潔に保つ事と、保湿が大切になります。指先は、外部の刺激を多く受ける場所ですので、ハンドクリームなどの保湿剤、木綿手袋などでしっかり保護してあげましょう。
引用元:healty-lifestyle.com(引用元へはこちらから)
その3:噛む癖の酷い人は専門医を訪ねる

先にも書きましたが、爪を噛む癖は「自傷行為」に分類されるため、専門医への受診をおすすめします。現在、心療内科でのカウンセリングはとても身近なものとなり、普通の内科と同じように受診しやすい雰囲気になっています。ぜひ一度、爪を噛むというその行為を見直してみませんか?もしかしたらとても簡単に抜け出せるかもしれません。ぜひ「たかが深爪で、心療内科?」と思わずに専門家に受診しましょう。
引用元:healty-lifestyle.com(引用元へはこちらから)

予防方法

まとめ作者