2016年06月28日更新
薄い爪 割れやすい爪 脆い爪

爪が脆い!よく爪が割れる原因と対策!

爪に亀裂が入った!割れて深爪!何かに引っ掛けた!などなど。痛みを生じることもありますし、その爪だけが短くなってしまい、格好悪く感じることもあります。深爪になってしまうと、爪が小さくなってしまうかも?と心配にもなりますよね。 そこで今回は、爪が割れやすくなる理由や応急処置についてご紹介していきます。

8439
0

爪が割れる 欠ける原因と予防法

爪が割れやすい大きく分けて原因は、「栄養の偏り」「冷え性などからの血行不良」「乾燥」の3つが考えられますが、きれいで割れにくい爪を育てるためにはどのような方法を取れば良いのをまとめてみました。

「爪」とは?

爪は皮膚です!また爪や毛を「角質器」とも言われています
引用元:detail.chiebukuro.yahoo.co.jp(引用元へはこちらから)
画像を拡大

爪は主にタンパク質の一種であるケラチンから構成されている。含水量は12%~16%、脂肪量は0.15%~0.75%程度である。その水分量は外界の環境に左右され、冬の季節等の乾燥期には、硬く脆くなる。環境による爪の水分の変動は、要因によって5%~24%まで変動する。例えば、爪が化学薬品(マニキュアを含む)等に接触し、脱脂、脱水状態に継続的に晒されると水分量を失い、表面が荒れて極端に脆く割れ易くなる事がある。

出典:ja.wikipedia.org
爪が指先を保護するおかげで、手足の動作において指先に力を加えたり、うまく歩いたりする事が出来る等、爪は動物にとって重要な役割を果たしている。爪の下部には毛細血管が集中しており、爪は血液の健康状態に影響され易い
引用元:ja.wikipedia.org(引用元へはこちらから)
皮膚と違い死んだ細胞なので、呼吸もできませんし汗もかきません。爪は、髪の毛と同じく自己再生できないのです。そのため、きちんと保湿ケアしてあげないといけません。
引用元:nailcrack.igutic.com(引用元へはこちらから)

偏った食生活

偏った食生活も爪が割れる原因のひとつです。皮膚と同じタンパク質でつくられている爪は、そのタンパク質を十分に摂っていないと、爪自体が弱ってしまいます。ビタミンAも爪を健康に保つための大事な栄養素なので、ビタミンAが不足すると、乾燥により爪が割れやすくなります。

引用元:www.skincare-univ.com(引用元へはこちらから)
ビタミンB2も爪を新しく生まれ変わらせてくれる栄養素です。不足すると、爪からツヤが失われ、爪の成長を妨げます。

引用元:www.skincare-univ.com(引用元へはこちらから)
画像を拡大

偏食はもちろん、ダイエットなどで栄養が不足してしまうと、爪に栄養が行き届かず割れやすくなってしまいます。

出典:plaza.rakuten.co.jp

何を食べればいい?

カルシウム: ヨーグルト・チーズ・モロヘイヤ
鉄: レバー・ひじき・さば・アーモンド
亜鉛: 牡蠣・ゴマ・卵黄
マグネシウム: 納豆・ピーナッツ
ビタミンC: いちご・ブロッコリー・ジャガイモ
ビタミンB2: レバー・牛乳・さんま
ビタミンB6: とうもろこし・豆類・魚類
引用元:makitume.biz(引用元へはこちらから)

まとめ作者