2016年06月28日更新
美髪 パーマ ヘアカラー

意外と詳しく知らない、髪が傷む理由をおさえて本物の美髪を手に入れよう!

髪はとてもデリケートで、日常のちょっとしたことで傷めてしまうことがあります。 髪を傷める原因はパーマ、縮毛矯正、ヘアカラー、白髪染め、等とよく言われていますが、普段何気なくしている行動習慣の中にも傷める原因がたくさんあります。 原因を知ることで対策が見えてきます。

836
0

ストレス

脱毛や毛髪の発育不良になりやすく、また、ツヤ、光沢がなくなり損傷を早めることもあります。
引用元:www.bihada1.biz(引用元へはこちらから)

煙草

ニコチンは血管を収縮させる作用を持つため、毛細血管が張り巡らされている頭皮の血行も悪くします。タバコに含まれる一酸化炭素が若白髪の原因のひとつではないかとも言われています。
引用元:www.www-launceston.com(引用元へはこちらから)

冷暖房

夏の冷房でカラダを冷やすと、当然ですが血液の循環が悪くなります。細胞に栄養が行き渡らなくなるだけではな、頭皮の周辺に多くある毛細血管などはダイレクトに影響を受けます。また、暖房には空気の乾燥が伴います。髪にとって乾燥は大敵。乾燥をして潤いを無くした髪は切れ毛、枝毛の原因のひとつになります。
引用元:www.kiraraweb.com(引用元へはこちらから)

夜更かし

夜更かしは、髪の新陳代謝を妨げ、毛先迄栄養が行き届きにくくなります。夜10時以降も起きている夜更かしの方は、注意が必要です。
引用元:josei-bigaku.jp(引用元へはこちらから)

正しいシャンプーのやり方

正しいシャンプーのやり方

まとめ作者