2016年06月28日更新
美髪 パーマ ヘアカラー

意外と詳しく知らない、髪が傷む理由をおさえて本物の美髪を手に入れよう!

髪はとてもデリケートで、日常のちょっとしたことで傷めてしまうことがあります。 髪を傷める原因はパーマ、縮毛矯正、ヘアカラー、白髪染め、等とよく言われていますが、普段何気なくしている行動習慣の中にも傷める原因がたくさんあります。 原因を知ることで対策が見えてきます。

842
0

ヘアカラーやパーマだけじゃない!髪を傷める意外な原因

画像を拡大

髪を傷める意外な原因

出典:googirl.jp

普段何気なくしている行動の中にも傷める原因があった!原因を知って綺麗な美髪を目指しましょう。

なぜ髪は傷むのか?

パーマやカラーをしたあと、海やプールに行ったあと、毎日コテで巻いているなど、髪がパサつく、まとまらない、 ひっかかるなどと感じる方は多いのではないでしょうか?

■髪はダメージを受けると、キューティクルがはがれます。
■すると内部のタンパク質が流出、もしくは、熱による変性を起こします。
■そして毛髪内部の水分調節をできなくなります。
引用元:by-s.me(引用元へはこちらから)
画像を拡大

水分調節ができなくなると髪の毛は乾燥し、パサパサしたり、引っかかったり、枝毛、切れ毛の原因にもなります。
健康な髪は、表面にあるキューティクルがうろこ状にきれいに並び、 内側の水分を外に逃がさないようにバリアがされています。

つまり、水分を保持するには、表面のキューティクル、内部のタンパク質などが健康な状態でないといけないのです。

出典:www.biranger.jp

では、髪はどういうときにダメージを受けるのでしょうか?

パーマやカラーによるダメージ

パーマやヘアカラー、あるいはヘアブリーチ

パーマやカラーは髪の内部のタンパク質に薬液を働かせます。

そのために、必ずといっていいほど、 「アルカリ剤」というものが入っています。

このアルカリ剤には、表面のキューティクルなどのタンパク質を膨張させる効果があります。 キューティクルを開かせて、中に薬液を送り込むのです。しかし、アフターケアをしっかり行わないと、 キューティクルが開いたままになり、そこから内部のタンパク質が流出してしまいます。

これが痛む原因になります。
引用元:by-s.me(引用元へはこちらから)
画像を拡大

美容院の場合

出典:blog.livedoor.jp

美容院等では、施術時間、毛髪に合わせた薬液の選定、使用量、温度など考慮しているので、
実は思っているよりかは、ダメージを受けていないようです。

熱によるダメージ(コテ、ドライヤー、アイロン)

画像を拡大

おまけにグイグイ引っ張っていませんか?

出典:allabout.co.jp

まとめ作者