2016年06月28日更新
縮毛矯正 ヘアケア ヘアスタイル

縮毛矯正についてしりたい! 参考画像と解説まとめ

髪に悩みを抱えている方。してみたいヘアスタイルがあるが、本来の自分の髪質では難しい。そんなとき、ストレートパーマや縮毛矯正などの選択肢をしっておくことで、役に立つかもしれません。参考になる情報をまとめてみました。

744
0
縮毛矯正施術例 Vol.1

詳細→50代女性の縮毛矯正



引用元:www.springhair.jp(引用元へはこちらから)

●失敗が不安


なぜ、縮毛矯正をする時、美容室選びを、失敗するのか・・・のお話です。

例えば、

「新登場!ツヤツヤ


なぜ、縮毛矯正をする時、美容室選びを、失敗するのか・・・のお話です。

例えば、

「新登場!ツヤツヤストレート」
「上質な縮毛矯正」
「業界初、髪質改善縮毛矯正」

といったキャッチコピーの広告をよくみかけませんか?

引用元:www.ange-hair.jp(引用元へはこちらから)

●失敗って?


もちろん先程説明したように、美容師さんも、クセ・髪質・ダメージを見極め、
栄養補給をたっぷりし技術も工夫し、ダメージが少しでも減るように努力しています。

初めて縮毛矯正された時は、ツルツル・ピカピカになり、2回目、3回目と繰り返すたびに、
初めての感動がなくなり・・・

引用元:www.ange-hair.jp(引用元へはこちらから)

なかには、薬剤が髪質にあわなかったり、技術面の問題でもあったりする場合もありますが、実際に見てみると週網矯正後のホームケアが間違っていた、ということも多いのです。では、なぜ失敗するのか、またどういう失敗をしてしまったのか、その後の対策はどうしたらいいのか、などを詳しく見ストレートパーマ

引用元:www.viceviza.com(引用元へはこちらから)

●失敗を減らすために縮毛矯正後のヘアケアをすること


縮毛矯正後には弱酸性のシャンプーを使う


髪の毛を濡らしたまま放置する


髪に栄養をきちんと補給しましょう

引用元:www.viceviza.com(引用元へはこちらから)

●失敗した時にかけ直す場合


最低でも一週間はあけてあげた方がいいと思いますが、ダメージは多少なりとも出てしまうことは頭に置いておきましょう。

引用元:www.viceviza.com(引用元へはこちらから)

●安心していいの?

美容院によって方法が違うようです
信頼できるところで行いましょう。

施術までどんな流れなの?


縮毛矯正当日の施術の流れ

縮毛矯正当日は、以下の流れで施術が行われます。

1.まずは事前カウンセリングで、髪質、髪のくせの強さ、ダメージ具合、希望のスタイル、薬剤によるアレルギーの有無などをチェック。
2.シャンプーをして、髪に残っている余分な汚れや整髪料などをしっかりと落とします。
3.髪の生え際にクリームを塗って肌を保護し、薬剤(1剤)を塗布してラップを巻き、髪に薬剤を浸透させます。
4.頃合いを見計らって薬剤をよく流し、髪をブローしたら、アイロンで髪をストレートに伸ばしていきます。
5.さらに薬剤(2剤)を塗布してラップを巻き、時間を置いたらしっかりとすすぎます。
6.最後にトリートメントをして、いつも通りにブローをしたら完了です。

引用元:www.viceviza.com(引用元へはこちらから)

まとめ作者