2016年06月28日更新
縮毛矯正 ヘアケア ヘアスタイル

縮毛矯正についてしりたい! 参考画像と解説まとめ

髪に悩みを抱えている方。してみたいヘアスタイルがあるが、本来の自分の髪質では難しい。そんなとき、ストレートパーマや縮毛矯正などの選択肢をしっておくことで、役に立つかもしれません。参考になる情報をまとめてみました。

744
0

髪のイメージチェンジをしてみたい

誰しも生まれ持った髪質はあるもの。それはそれでいいと思いますが、色々なヘアスタイルもしてみたい。そんな時、縮毛矯正などの技術が発達した現在、髪のダメージを最低限にしながら思いのヘアスタイルにする方法があります。

縮毛矯正ってそもそもなに?


縮毛矯正(しゅくもうきょうせい)は、本人が生まれ持った縮毛をほぼ完全に直毛の状態に固定する美容技術の一つである。

引用元:ja.wikipedia.org(引用元へはこちらから)

この手法ではアイロンによる加熱は還元する時ではなく酸化直前に乾燥状態にて行われ、これによって起こる熱変成を利用して酸化による形状の固定と、毛髪内の水素結合の関連付けをさせようというものである

引用元:ja.wikipedia.org(引用元へはこちらから)

●ストレートパーマ」と「縮毛矯正」の違い


ストレートパーマは、本来直毛の人がパーマなどをかけた後に、元の髪質に戻すために行うものです。ですので、クセ毛の人がストレートパーマをかけても、パーマの効果が落ち、時間が経てば再びくせ毛に戻ってしまいます。
縮毛矯正

縮毛矯正は、薬剤と高熱のヘアアイロン(使用しない場合もあり)によって、くせ毛をストレートにするものです。一度縮毛矯正を行った髪の毛は半永久的に真っすぐストレートになりますが、これから生えてくる髪の毛までストレートになるわけではないので、伸びた部分はまた縮毛矯正をかけなければストレートにはなりません。

引用元:www.viceviza.com(引用元へはこちらから)
処置方法にも違いがあります。「ストレートパーマ」は櫛で伸ばすのが基本ですが、「縮毛矯正」はアイロンなどを用いて熱で矯正します。
その結果、「ストレートパーマ」は髪へのダメージが小さい反面、効果が長続きせず、「縮毛矯正」は、効果が長持ちする反面、髪へのダメージが大きくなります。

引用元:www.chigai.org(引用元へはこちらから)

「ストレートパーマ」と「縮毛矯正」はよく混同されがちですが、その方法や効果には大きな違いがあります。

引用元:www.chigai.org(引用元へはこちらから)

●悩み比較画像まとめ


◇痛み・ビビリも任せてください!

引用元:www.cut-grooming.com(引用元へはこちらから)

◇メンズ矯正も3cmあればOKです!

引用元:www.cut-grooming.com(引用元へはこちらから)

まとめ作者