男性から女性に花を贈るフラワーバレンタイン「彼女に花を贈ってみよう」

世界各国で「愛」や「恋人」の日として親しまれているバレンタインデー。欧米をはじめとする海外では「バレンタインデーに、愛する人に花を贈る」という文化が根付いています。

230
0

フラワーバレンタイン

バレンタインは「女性から男性へバレンタインチョコを贈る日」というのは日本にすっかり定着しているが、バレンタイン発祥の地とされている欧米や海外では、男性から女性へ花や贈り物をプレゼントし、愛を伝える日として長い歴史がある
引用元:www.e87.com(引用元へはこちらから)
「女性から男性にバレンタインチョコを」という日本独特の習慣から、バレンタインデー本来の姿である「男女がお互いに愛を伝え合う日」になりつつある
引用元:www.winxdvd.com(引用元へはこちらから)

●バラ
赤のバラは愛と欲望を表します。ちょっと鈍感な彼や煮え切らない彼に熱い情熱を伝えるにはぴったりかも。義理チョコ主流の今、大本命の彼には赤いバラを贈って「あなたは特別」をアピールしてみても。
他にもピンクのバラは幸せや満足感を、白のバラは尊敬の心を表します。洋画のワンシーンでもバラの花は一輪でも花束でもクライマックスを彩ります。いつの時代も魅惑的な姿とかぐわしい香りで私たちを魅了し、愛を伝える花としては定番、インパクトは断然トップです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

●カーネーション
カーネーションはどの色も強い愛情を意味する。カーネーションはバラに比べ優しく可愛らしい印象が伝えられる。ただし絞りのカーネーションは、意味が異なり愛の拒絶を意味するとも言われている。

●わすれな草
わすれな草はその名の通り、私を忘れないで欲しい、という意味と真実の愛を意味している。そっとあなたを見守る、そんな優しい愛情が伝えられる。

●チューリップ
チューリップは正直さ、真実の愛、告白や誘惑の意味がある。
バレンタインに贈るなら、赤のチューリップがいい。赤のチューリップは告白を表す。気持ちを込めるなら赤を勧める。

●スミレ
スミレは、清潔感とささやかでつつましい愛を意味する。
このように花には色々なな意味が込められている。バレンタインにチョコレートと花束を贈るなんて、とても素敵だね。

●パンジー
物思い、私を思ってください
フランス語で物思いを意味する「パンセー」からパンジーと名づけられました。花も物思いにふける人の顔のように見える。聖バレンタインが投獄されたときに、牢獄の窓口に咲いたスミレの花のハート型の葉を、「私を忘れないで下さい」というメッセージと共に鳩に託したとの伝説から、ヨーロッパでは、パンジーはバレンタインに恋人に贈る花、また「この花を身につけていると異性の愛情が得られる」など、愛の花・恋の花といわれている。

●胡蝶蘭
花言葉に「幸福が飛んでくる」「「あなたを愛しています」の意味を持つ、バレンタインデーにぴったり。花のかたちが蝶がひらりと舞う姿に似ていることから、その蝶が幸せを運んできてくれるという意味が込められている。そんなお花の豆知識で彼女のハートもぐっと近づくかも。

バレンタインに贈られて嬉しい お花

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者