2016年11月20日更新
コラーゲン 美肌 健康

間違った摂り方は効果なし!美容と健康のために”コラーゲン”の正しい摂り方

気になる乾燥やかさつき、そんな諸症状対策にすかさず摂りたいのはやっぱりコラーゲン!ですが、コラーゲンは摂り方次第で効果が一気に変わったりも。コラーゲンを効率良く効果的に摂取するためのポイントを紹介します。

359
0

美肌をもたらすコラーゲンの働き

人体を構成するタンパク質のうちの、およそ3分の1を占めるのがコラーゲン。コラーゲンは肌だけでなく、人間の身体にとって、なくてはならない存在なのです。
引用元:www.skincare-univ.com(引用元へはこちらから)
コラーゲンの生産能力は20歳頃をピークに急速に低下することが分かっており、コラーゲンの生産能力の低下により、老化の様々な症状が現れることが知られています。
引用元:www.collagendaisuki.biz(引用元へはこちらから)
肌内では表皮の下にある真皮の約70%を占め、真皮の中に網目状のネットワークを作って肌の弾力を保っています。
引用元:www.skincare-univ.com(引用元へはこちらから)

コラーゲンは摂り方次第で効果が一気に変わったりも

一見効率良く効能を得られそうなサプリメントでの摂取

実はこの方法の場合、コラーゲンだけを摂取することになってしまいがちなので、その場合はほとんど意味がない
引用元:netallica.yahoo.co.jp(引用元へはこちらから)

たんぱく質と一緒に摂ると良い

それでは一体どのように摂取すればコラーゲンの効果をばっちり得られるのでしょうか。もっとも好ましいのはたんぱく質と共に摂取をすること。鰻や鶏なんこつ、牛すじなどにはコラーゲンがたっぷりですが、同時にたんぱく質も豊富に含まれています
引用元:netallica.yahoo.co.jp(引用元へはこちらから)

ビタミンC はコラーゲン合成に必要不可欠

コラーゲンは、体内に取り込まれると一度小さなアミノ酸に分解され、体に吸収された後、体内で再合成されます。
引用元:googirl.jp(引用元へはこちらから)

まとめ作者