2016年06月28日更新
イギリス ロンドン テムズ川

イギリスはロンドンで、一度は行ってみたいところと言えば!<ロンドン塔>

ロンドン塔(ロンドンとう、Tower of London)は、イギリスの首都のロンドンを流れるテムズ川の岸辺、イースト・エンドに築かれた中世の城塞です。

526
0

世界最大級のカット・ダイヤモンド「カリナン」はここで保管されている。

正式には「女王陛下の宮殿にして要塞」(Her Majesty's Royal Palace and Fortress)と呼ばれるように、現在も儀礼的な武器などの保管庫、礼拝所などとして使用されている。その景観から「ホワイト・タワー」とも呼ばれる。
引用元:ja.wikipedia.org(引用元へはこちらから)

イギリス・ロンドンのホテル

画像を拡大

イギリス・ロンドンのホテル>
お洒落なメイフェア地区にある優雅な4つ星ホテル>ミレニアム ホテル ロンドン メイフェア
(Millennium Hotel London Mayfair)

出典:keymac.blogspot.jp

イギリス・ロンドンの動画

1066年にイングランドを征服したウィリアム1世が1078年にロンドンを外敵から守るために堅固な要塞の建設を命じ、本体は約20年で完成した。その後、リチャード1世が城壁の周囲の濠の建設を始め、ヘンリー3世が完成させた。
引用元:ja.wikipedia.org(引用元へはこちらから)

ロンドン塔のカラス

ロンドン塔には、世界最大級の大きさであるワタリガラス(Raven)が一定数飼育されている。ワタリガラスは大型で雑食の鳥で、1666年に発生したロンドン大火で出た大量の焼死者の腐肉を餌に大いに増えたともいわれている(しかし、実際に記録されているロンドン大火で死者は5名だけである)。当然、ロンドン塔にも多数住み着いたが、チャールズ2世が駆除を考えていた所、占い師に「カラスがいなくなるとロンドン塔が崩れ、ロンドン塔を失った英国が滅びる」と予言され、それ以来、ロンドン塔では、一定数のワタリガラスを飼育する風習が始まったとされる。
引用元:ja.wikipedia.org(引用元へはこちらから)

まとめ作者