2016年06月28日更新
日本 絶景 旅行

死ぬまでに1度は行ってみたい!日本の絶景のまとめ!

海外に比べると、旅行しやすい国内だけに次の旅行先をどこに行こうか迷ってしまいますね!国内にも美しい所がいっぱいあります。そんな美しい旅行先をまとめました。

387
0
縄張りが虎が臥せているように見えることから、別名虎臥城(とらふすじょう、こがじょう)。国の史跡に指定されている。また城下から遥か高く見上げる山の頂に位置し、しばしば円山川の川霧により霞むことから、天空の城[1]や日本のマチュピチュとも呼ばれる。
引用元:ja.wikipedia.org(引用元へはこちらから)
雲海に浮かび上がる古城の累々たる石垣群の威容は、名物ともなっている。
引用元:ja.wikipedia.org(引用元へはこちらから)
東に立雲峡を望む標高353.7mの古城山(虎臥山)の山頂に築かれ、縄張りは南北約400m、東西約100m。天守台をほぼ中央に配置し、本丸、二の丸、三の丸、南二の丸が連郭式に配され、北千畳部と南千畳を双翼とし、天守台北西部に花屋敷と称する一郭がある。廃城から約400年を経ているが、石垣がほぼそのままの状態で残っており、現存する山城として日本屈指の規模となっている。
引用元:ja.wikipedia.org(引用元へはこちらから)

千本鳥居/京都府

画像を拡大

全国に約3万社あるといわれる稲荷神社の総本社でもある。

出典:wondertrip.jp
伏見稲荷大社は京都市伏見区にある神社。
式内社(名神大社)、二十二社(上七社)の一社で、現在は神社本庁に属さない単立神社。稲荷山の麓に本殿があり、稲荷山全体を神域とする。
引用元:wondertrip.jp(引用元へはこちらから)
様々なCMでも使われている伏見稲荷大社の、通称「千本鳥居」。
途中で左右に分かれますが、どちらを行っても同じ場所にたどり着きます。
夜に訪れることができますが、夜の鳥居は静かな不気味な雰囲気を醸し出しています。
引用元:wondertrip.jp(引用元へはこちらから)

まとめ作者