2016年06月28日更新
日本 絶景 旅行

死ぬまでに1度は行ってみたい!日本の絶景のまとめ!

海外に比べると、旅行しやすい国内だけに次の旅行先をどこに行こうか迷ってしまいますね!国内にも美しい所がいっぱいあります。そんな美しい旅行先をまとめました。

387
0

死ぬまでに1度は行ってみたい!旅行先で人気があるのは角島大橋/山口県です

画像を拡大

角島大橋/山口県

角島大橋(つのしまおおはし)は、山口県下関市豊北町神田と同市豊北町角島間の海士ヶ瀬戸に架かる橋。

出典:wondertrip.jp
1993年(平成5年)9月6日に着工し、2000年(平成12年)11月3日に開通した。総工費149億円。山口県道276号角島神田線の一部。かつて、角島へは渡船による交通が主であったが、完成により陸路でつながった。
引用元:ja.wikipedia.org(引用元へはこちらから)
北長門海岸国定公園内に位置することから、橋脚の高さを押さえ、周囲の景観に配慮した構造となっている。また、架橋ルートの選定にあたっては、本土と角島の中間に位置する鳩島に橋脚を建設する案も検討されたが、自然景観保護の観点から島を迂回する現在のルートが採用された。
引用元:ja.wikipedia.org(引用元へはこちらから)

丸山千枚田の棚田/三重県

画像を拡大

丸山千枚田(まるやませんまいだ)は、三重県熊野市紀和町丸山地区にある白倉山(標高736m)の南西斜面を利用した棚田群

出典:wondertrip.jp
千枚田と言われるが、実際には高低差160m(標高90-250m)の谷合に約1,340枚(7ha)の棚田がある。最も小さい田は、1枚で0.5m2しかない。棚田の法面は野面積み(のづらづみ)を主とした石積みであり、西日本に多く見られる方式
引用元:ja.wikipedia.org(引用元へはこちらから)
丸山千枚田がいつ頃から存在したかは明らかではない。丸山で最初の検地が実施されたのは天正18年(1590年)のことで。関ヶ原の戦いの後、浅野幸長が紀伊に移封され、慶長6年(1601年)に検地が行われたときには既に約2,240枚の棚田があったとされる。安斎忠雄が1898年(明治31年)の測量図を推定したところ、この時の棚田は2,483枚であっ
引用元:ja.wikipedia.org(引用元へはこちらから)

白川郷/岐阜県

画像を拡大

白川郷(しらかわごう)は、岐阜県内の庄川流域の呼称。

大野郡白川村と高山市荘川町(旧荘川村)および高山市清見町(旧清見村)の一部に相当し、白川村を「下白川郷」、他を「上白川郷」と呼ぶ。

出典:ja.wikipedia.org
今日では白川村のみを指すことが多い。白川郷の荻町地区は合掌造りの集落で知られる。
引用元:ja.wikipedia.org(引用元へはこちらから)
独特の景観をなす集落が評価され、1976年重要伝統的建造物群保存地区として選定、1995年には五箇山(相倉地区、菅沼地区)と共に白川郷・五箇山の合掌造り集落として、ユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録された
引用元:ja.wikipedia.org(引用元へはこちらから)
毎年2月頃の週末には夜間ライトアップが行われる。
引用元:ja.wikipedia.org(引用元へはこちらから)

竹田城跡/兵庫県

画像を拡大

竹田城(たけだじょう)は、現在の兵庫県朝来市和田山町竹田にあった日本の城(山城)

出典:wondertrip.jp

まとめ作者