ディズニー・ラブストーリーの原点!<シンデレラ>が、ついに実写化!

ディズニーのクラシック・アニメーションの名作としても知られる「シンデレラ」を、ディズニーが新たに実写映画化。時を超えて愛され続けてきた珠玉のディズニー・ラブストーリー

827
0
エラの義理の姉妹。まま母の連れ子として、エラの家にやって来た。姉のドリゼラは自分こそがもっとも賢いと信じ、妹のアナスタシアはルックスに絶対の自信を持っているが、たとえどんなに着飾っても、ガサツな中身は隠せない。自分たちにはないエラの美しさや優雅さをねたみ、エラに辛くあたる。仲のいい姉妹だが、ライバル意識も強く、つねにケンカや騒動が絶えない。
引用元:www.disney.co.jp(引用元へはこちらから)

日本語吹替版 声優

画像を拡大

シンデレラ/エラ 高畑 充希

05年に行われた「山口百恵トリビュートミュージカル プレイバックpart2~屋上の天使」のオーディションで、1万人近い応募者の中から主演の座を射止めるという、まさに本作にぴったりのシンデレラガール。07年から、ブロードウェイミュージカル「ピーターパン」で8代目の主役を6年にわたって務めた。主な出演作として、舞台では「奇跡の人」(09、14・ヘレン・ケラー役)、「いやおうなしに」(15)、映画は『ドルフィンブルーフジ、もう一度宇宙へ』(07・ヒロイン)、『アオハライド』(14)、『バンクーバーの朝日』(14)、テレビドラマでは、「ナツコイ」(08・ヒロイン)、NHK連続テレビ小説「ごちそうさん」(13~14・希子役)

出典:r25.yahoo.co.jp
画像を拡大

王子/キット 城田 優

スペイン人の母と日本人の父親を持つ。03年、ミュージカル「美少女戦士セーラームーン」で俳優デビュー。ドラマ「花ざかりの君たちへ~イケメン♂パラダイス」(07)、「交渉人」(08)、「ROOKIES」(08)といったヒットドラマに出演を果たし、09年、大河ドラマ「天地人」で真田幸村を演じる。舞台では、宮本亜門演出のミュージカル「スウィーニー・トッド」(07)「テイクフライト」(07)を経て、10年に小池修一郎演出のミュージカル「エリザベート」で第65回文化庁芸術祭「演劇部門」新人賞を受賞。また、09年からニッポン放送のラジオ「オールナイトニッポン」でレギュラーパーソナリティを務める。主な出演作として、ドラマ「荒川アンダー・ザ・ブリッジ」(11)、「純と愛」(12)、「GTO」(12・14)、「○○妻」(15)、映画『劇場版SPEC~結~漸ノ篇/爻ノ篇』(13)、『黒執事』(14)、ミュージカル「ロミオ&ジュリエット」(11・13)、「ファントム」(14)、「エリザベート」(15)など。ミュージカル、映画、テレビドラマなどの俳優業だけにとどまらず、ラジオパーソナリティや音楽など活動の幅は現在も拡大中。本作では、人間味あふれる新たな王子像を、声優として見事に演じている。

出典:prcm.jp
ストーリー 本当の魔法は、あなたの勇気。 ディズニー・スタジオが総力を結集し、「シンデレラ」の実写版を映画化した夢のプロジェクト。「本当の魔法は、あなたの勇気」──ガラスの靴やカボチャの馬車に代表されるロマンティックなイメージはそのままに、シンデレラの勇気と優しさから生まれる“奇跡の愛”が感動的に描かれていく。絢爛豪華な衣裳と美術、超一流のスタッフ&キャストとのコラボレーションが可能にした、ディズニー・ラブストーリーの原点にして頂点。
引用元:www.disney.co.jp(引用元へはこちらから)
ディズニーのクラシック・アニメーションの名作としても知られる「シンデレラ」を、ディズニーが新たに実写映画化。母を病気で、父を事故で失ったエラは、父の後妻である継母とその連れ子のドリゼラとアナスタシアに「灰まみれのエラ」を意味する「シンデレラ」と呼ばれ、召使いのように扱われていた。ある日、耐えきれずに家を飛び出したエラは、森の中で城で働いているという青年キットと出会い、心を通わせる。王子である身分を隠していたキットは、城に帰ると父である国王から政略結婚を勧められるが、森で出会ったエラが忘れられず、彼女を探し出すため国中の未婚女性を招いた舞踏会を計画する。
引用元:eiga.com(引用元へはこちらから)
イギリス出身の新星リリー・ジェームズがシンデレラに扮し、意地悪な継母をオスカー女優のケイト・ブランシェットが演じた。俳優としても活躍し、監督としては「ハムレット」「恋の骨折り損」「魔笛」などを手がけてきたケネス・ブラナーがメガホンをとった。
引用元:eiga.com(引用元へはこちらから)

まとめ作者