テーマパーク?シンガポールの巨大植物園「ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ」

植物園と言っても植物だけと言う植物園ではなく、テーマパークのように楽しいところです。超近未来的な18本の巨大な人工ツリーが一番インパクトがあります。

75
0

「ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ GARDENS BY THE BAY」

ガーデンズ・バイ・ザ・ベイは、広大な敷地に作られたシンガポール最大の植物園施設。シンガポールと言えばあの宇宙船のような形をした空中庭園で有名ですが、そのマリーナベイ・サンズの東側に隣接しています。

A post shared by Beata (@life.taste.green) on

マリーナ湾を見渡せる広大な敷地を持つこの植物園は、まるでSF映画のような、高度な技術を駆使したアトラクションが自慢です。巨大なガラスのドームの中には、常春の花園や寒冷な高山が再現されており、ここが赤道直下であることを忘れそうになるほど。
引用元:singapore.navi.com(引用元へはこちらから)

植物園と言っても植物だけと言う植物園ではなく、テーマパークのように楽しいところです。超近未来的な18本の巨大な人工ツリーが一番インパクトがあります。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

高さ50mの人工の木「スーパーツリー」からは、園内だけでなくマリーナ・ベイ・サンズをはじめとする観光名所がぐるりと見渡せます。ロケーション抜群のこの植物園で、世界の樹木や花々のエネルギーに触れてみてください。  

クラウド・フォレスト

35mの人工の山です。その頂上からは人工の滝が流れ落ち、さらに山はミストの噴射によって作られた人工の雲に取り巻かれます。

A post shared by Luis (@lui_the_third) on

フラワー・ドームに入ってみましょう。

ガラス張りのドームに足を踏み入れた途端、身の回りを包む涼しくてさわやかな空気にビックリします。ここは常夏の国のシンガポールが、高度な技術を駆使して、地中海や南アフリカやカリフォルニアなどの、冷涼かつ乾燥した地域の春を再現したアトラクションなのです。  
引用元:singapore.navi.com(引用元へはこちらから)

A post shared by Pooh (@poohsventure) on

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者