2017年09月23日更新
写真家 オシャレ 幻想的

写真家ティム・ウォーカーのオシャレで幻想的な作品集!「Tim Walker」

イギリスの写真家ティム・ウォーカー Tim Walker のオシャレで幻想的な作品をを厳選してご紹介します。人気のブランド・(ディオール)や(ヴォーグ)とコラボで知られる写真家。オシャレな写真をお楽しみください。

45
0

ティム・ウォーカー(Tim Walker) 

ティム・ウォーカー(1970-)は英国のサリー州生まれ。子供時代から地元を歩き回り写真を撮影していたとのこと。 ロンドンのコンデナスト社が行ったセシル・ビートンのアーカイブ立ち上げ時に仕事として写真と関わります。 それに刺激を受けて、1991年から1994年にかけてオックスフォードのExeter Art Collegeで写真を学びました。 1994年にはインディペンデント紙主催の若手の写真家コンテストで3位に入賞。その後、1995年から1996年にかけニューヨークで、リチャード・アヴェドンのフルタイムのアシスタントを勤めています。
引用元:www.artphoto-site.com(引用元へはこちらから)
本格的な写真家キャリアは25歳のときに行ったヴォーグ英国版のファッション撮影から始まります。 1997年以降は、英国、米国、日本、イタリア版のヴォーグ誌やハーパース・バザー、W、IDで仕事を行っています。広告キャンペーンでは、コムデギャルソン、ヨージ・ヤマモト、バーニーズなどを手がけています。
引用元:www.artphoto-site.com(引用元へはこちらから)
彼はパーソナルで特異なヴィジョンを追求し、ロマンチックで無邪気な雰囲気に満ち溢れた非日常的世界を作り上げています。モデルに実際には着られない様な服を着せ、世界中の特色ある場所を選んで制作されるイメージは、通常のファッション写真とはかけ離れています。 服やモデルでさえも彼の作り上げる物語性と独自の雰囲気を持つ世界の一部なのです。そのイメージ制作は複雑で手間がかかっており、最終案までのシナリオは苦心して詳細に練り上げられていくそうです。彼は夢のようなイメージを実際のロケーションで作り上げるために、多くのスタッフを引きつれ世界中を旅しています。
引用元:www.artphoto-site.com(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

A post shared by Julia Gordina (@juliagordina) on

A post shared by SUBFOLDR ➕ (@subfoldr) on

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者