2016年06月28日更新
コーディネート 心理効果

「色の持つ心理効果」知ってて損はない!毎日のコーディネートにも♪

色が与える印象はそれぞれ違うもの。知っているとなんだかちょっと楽しくなれる雑学。色の持つ心理効果をご紹介します。 【画像クリックで画像が拡大されます】

4329
0
オレンジはフレッシュなフルーツの色。いつも元気で陽気で親しみやすい印象です。

引用元:latte.la(引用元へはこちらから)
ビタミンカラーの代表でもありますので、健康的な印象も出せますね。

引用元:latte.la(引用元へはこちらから)
暖色系の色は人によって好みが分かれますが橙色は嫌う人が少なく好意的に見られています。
引用元:iro-color.com(引用元へはこちらから)
目に入っているとついつい会話が盛り上がるので、レストランや、家のリビングのインテリアにもよく取り入れられるカラー。
引用元:www.tfm.co.jp(引用元へはこちらから)
身につけていると、自分の気持ちもうきうきしてくるだけでなく周りにも「明るい人」と印象づけることができます。
引用元:www.tfm.co.jp(引用元へはこちらから)
メークやファッション、小物などで取り入れることで、「話しやすい」印象を与えることができる
引用元:news.livedoor.com(引用元へはこちらから)
その反面、喋りたいという欲求が抑えられなかったり、落ち着きをなくしてしまったりします。
引用元:www1.ocn.ne.jp(引用元へはこちらから)

白(ホワイト)

無でありながら絶対的な存在感のある白。
引用元:www.kaisernetwork.biz(引用元へはこちらから)
真っ白な雪、透明な水などが象徴の混じり気がない純粋な色。
汚れのない、神聖な、清楚、純粋、清潔、凛としたという意味があります。
ウェディングドレス、白無垢にも使われていますね。
引用元:latte.la(引用元へはこちらから)
信頼感や清潔感といったクリーンなイメージを与えるので高い好感度があります。
引用元:iro-color.com(引用元へはこちらから)
ビジネスの場面で白のカッターシャツが好まれるのも、相手に対し良いイメージを与える色であるからかもしれません。
引用元:www.kaisernetwork.biz(引用元へはこちらから)

まとめ作者