2016年06月28日更新
コーディネート 心理効果

「色の持つ心理効果」知ってて損はない!毎日のコーディネートにも♪

色が与える印象はそれぞれ違うもの。知っているとなんだかちょっと楽しくなれる雑学。色の持つ心理効果をご紹介します。 【画像クリックで画像が拡大されます】

4312
0
黒い服を好んで着る女性は多いと思います
引用元:josei-bigaku.jp(引用元へはこちらから)
他の色に与える影響が強く、色を組み合わせたときには黒のイメージが上乗せされます。
引用元:iro-color.com(引用元へはこちらから)
神秘的な雰囲気を感じさせる色ですが他の色に比べて負のイメージが潜在的にあります。
引用元:iro-color.com(引用元へはこちらから)
相手に与えるイメージとしては、上品で知的なイメージを与える半面、近づきがたいイメージや、頑固なイメージを与えやすいようです。
引用元:josei-bigaku.jp(引用元へはこちらから)
高級感や重圧感をもたらすので、相手になめられたくない場面や拒否や拒絶を相手に与えたい場合におすすめ
引用元:hit.ono-blog.com(引用元へはこちらから)
しかし、日常で黒を見かけるとき、それほどマイナスイメージでみることはないでしょう。
引用元:hit.ono-blog.com(引用元へはこちらから)
黒は厳しい色で、着方次第でオシャレに見えたり、野暮ったくなったり、不健康に見えることがあります。
引用元:josei-bigaku.jp(引用元へはこちらから)
黒い服は、体の線をそのまま見せる色の服
引用元:josei-bigaku.jp(引用元へはこちらから)
黒の良さを理解し取り入れることができれば、スタイリッシュにみせることができます。
引用元:josei-bigaku.jp(引用元へはこちらから)

灰色(グレー)

グレーは控えめでまじめな印象の色。

引用元:latte.la(引用元へはこちらから)
明るければ白の暗ければ黒のイメージ効果が加わります。
引用元:iro-color.com(引用元へはこちらから)

まとめ作者