2016年06月28日更新
ジェルネイル ネイル 剥がれる

プロが伝える☆ジェルネイルが剥がれてしまう原因&解決法

通常3~4週間ほど持つとされるジェルネイルですが、「そんなに持たない!」と思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか? 慣れてくればちゃんとした施工が出来て、剥がれたり、浮いたりせず、ジェルネイルの持ちの良さを実感できます。

1504
1

■ジェルネイルがはみ出している
爪からジェルネイルがはみ出していると、その部分から剥がれやすくなります。

ジェルネイルは硬化すると、一枚のシールのようになります。 テープでも、シールでも何でも良いのですが、それらをはがすときに爪でカリカリ引っかいて、指でひっぱるところを作りますよね。 そして、このひっぱる部分がなかなか出来ないで、イライラした経験もあると思います。

キレイに施工できているジェルネイルは、このイライラが発生すテープやシールと同じで、 浮く要因がない状態です。浮いてしまうキッカケがないので、簡単に剥がれたりしません。

ですが、剥がしやすいように、テープの終わりをわざと折り返したりしておくと、 それを引っ張れば、簡単にテープは剥がせますよね。

この状態がはみ出したジェルネイルの状態です。 容易に剥がれるキッカケがあるので、浮いてしまったり、剥がれてしまう原因になります。

ですので、ジェルネイルを塗るときには、はみ出さないように丁寧に塗るようにし、もしもはみ出してしまったときは、 ちゃんとふき取っておきましょう。

■指先(爪先)をよく使う
足にジェルネイルを施した時に手より持ちがイイのは、伸びるのが遅いことともう一つ、人間は手を良く使うからだと思います。
人は手であらゆる作業をし、爪も生活の中で衝撃を受けています。

■日常生活からの影響
剥がれにくいからとつい忘れて日常を過ごしていると、気づかぬうちにネイルに影響を及ぼしている場合があります。

■爪が柔らかい
爪が柔らかいとジェルが剥がれやすいです。
ジェルを塗って硬化する土台が柔らかいのですから、どこかが浮いてシールのように剥がれてしまうことがイメージしやすいと思います。
爪が薄かったり、手によく汗をかく方はこの状態のことが多いです。

■爪を切る
爪をパチンと切る際、固い爪に力が加わり曲がります。その瞬間、爪とジェルの間に空気が入り、そこから浮いてしまうことがあります。
また、プロがジェルを塗っている時、見ていても分からないかもしれませんが爪の先(エッジ)の部分にもジェルを塗布しています。爪先まで覆うようにジェルを塗り、剥がれにくくしているのです。その爪先を切り離してしまうのですから剥がれやすいのは当たり前です。

◆ジェルを美しく長持ちさせるコツ

施術後のネイルをどうしたらキレイなまま長く楽しめるのか。

■爪に負担をかけない
パソコンを打つ、ダンボールを解体する、缶のプルタブを開ける、エレベーターのボタンを押す等々、何気ない日常生活の行動で爪にダメージを与えています。それらの仕草を爪に負担の無いように少々変えるだけで、だいぶ改善されます。
いつも同じ指から剥がれてしまう方は気をつけてみては?

■水や洗剤に気をつける
小さな傷から水や洗剤が入ると浮いてしまいます。食器を洗ったりお風呂掃除をする時はゴム手袋をした方が良いでしょう。頭を洗う時もヘッドブラシを使うことをオススメします。

まとめ作者