自分に合った「ネイルサロン」の選び方☆もう失敗しない!

普段は家でネイルをやっているけれど、結婚式に招待された時や海外旅行・イベントの前などはネイルサロンで素敵なアートやスカルプチュアなどにも挑戦してみたいところ。今回は、自分にぴったりと合うネイルサロンの選び方をご紹介します。

621
0
ネイルサロンの本来の役割は「手足のお手入れ」をしながら「健康状態も整えていくアドバイスをもらえるところ」

引用元:www.mayunail.com(引用元へはこちらから)

自分に合うネイルサロンのタイプを確認してみましょう

カウンター型
デパートなどの一角にあり、オープンなサロン。チェーン店が多い。中にはクイックサービスのお店もあるので確認しましょう。

クイック型
短時間でのお手入れを行っているサロン。時間を重視するあまり、仕上がりに差が出ることも。

店舗型
路面店や商業施設などに店舗をかまえているサロン。幅広いメニューでゆったりと施術を受けることができる。

自宅型
アパートの一室や自宅の一部で施術を行うサロン。ネイリストが一人の場合が多い。

出張型
ご自宅で都合の良いときに施術を受けることができる。遅い時間にも対応していることもある。


引用元:www.f-nailstyle.com(引用元へはこちらから)

ネイルのデザイン・料金をしっかりと確認すること。

ネイルデザインの写真では自分の好みにあうネイルかどうかがわかりますので、この部分で気に入らなければ却下となります。

引用元:www.federacionatea.org(引用元へはこちらから)
高めなら高級路線で安ければリーズナブル路線のサロンということがわかりますし、自分の予算に合うかどうか判断すること
引用元:www.federacionatea.org(引用元へはこちらから)
多くのメニューを扱っているサロンが対応できることも多くなります。「専門」という言葉に惑わされないようにしましょう。

引用元:nanapi.jp(引用元へはこちらから)
ネイルサロンの口コミの大切さ
引用元:fromfareast.info(引用元へはこちらから)
一番信用が高いのは「クチコミ」です。
周りの人からの直接の「クチコミ」が一番。
引用元:biyo-chikara.jp(引用元へはこちらから)

ジェルネイルの場合は、ジェルを乾かすライトにも注目!

LEDランプが使用されているサロンを選べば問題なし。
引用元:www.biranger.jp(引用元へはこちらから)
UVライトは、紫外線を使っていることから肌への影響が少なからず生じます。肌にやさしいものと考えるのならやはりLEDライト

引用元:biyo-chikara.jp(引用元へはこちらから)

まとめ作者