2016年06月28日更新
ヒートテック ユニクロ UNIQLO

ヒートテックは皮膚を傷つける!?「ヒートテック皮膚炎」に注意しよう。

今や持っていない人はいないというほど、大人気のヒートテック。しかし、このヒートテックでかぶれちゃう人がいるようです。ヒートテックは汗を吸って発熱する仕組みなので乾燥肌の場合、水分を奪われ更に皮膚が乾燥します。【画像クリックで画像が拡大されます】

13151
0
冬は乾燥しているだけじゃなく、かぶれやアレルギーなどの刺激から肌を守る機能が弱まる季節でもあります。正確には秋前〜春までになります!

なので他の季節には何も問題がない人でも、冬には何らかしらの肌トラブルが起こってしまう事も珍しくありません。
引用元:irohasu01.biz(引用元へはこちらから)

③布かぶれが起こっている

ヒートテックの素材はご存知通り、

アクリル
ポリエステル
レーヨン


などの化学繊維から出来ています。

実はこれらの素材は、ヒートテックが出来る以前から肌が弱い人には不向きと言われているんですね・・

敏感肌の人だけじゃなく、子供なども含まれます。大人と違ってすぐにかきむしったりしちゃうので、注意が必要です^^;
引用元:irohasu01.biz(引用元へはこちらから)
ヒートテックは「吸湿発熱繊維」という 特殊な繊維を使用しています。吸湿発熱繊維とは、汗などの水分を吸収して発熱する繊維です。

引用元:conexions.org(引用元へはこちらから)

ヒートテックは何故かゆくなるの?もう少し具体的に。

ヒートテックなどは汗などの水分を吸収し繊維自体が発熱、
薄くて暖かいことをセールスポイントにしている素材のことですね。

ということは、肌に直接着用すると、肌の水分を奪って発熱をするので、
肌の水分がなくなり、乾燥がひどくなるということなんです。
引用元:sirabetayo.com(引用元へはこちらから)
ヒートテックなどは冬に着用するものですが、冬は湿度が低く、
皮膚の水分が蒸散して、乾燥しやすい季節。

そこにこのような衣料を身につけるとさらに肌の乾燥を
招いてしまうのです。
引用元:sirabetayo.com(引用元へはこちらから)
そうなると外からの刺激に弱くなり、かゆいという症状が出てきて、
赤くなりやすくなります。

このような特徴から、アトピーや敏感肌の人には
向いていない素材です。
引用元:sirabetayo.com(引用元へはこちらから)

自然繊維のものを着よう

綿100%

綿100%の生地を使用したものを
着用するようにしましょう。

化学繊維が肌に大きな影響を及ぼしているので、

天然素材のものだと
肌への負担が少ないので断然おすすめです。
引用元:nanisore-club.com(引用元へはこちらから)
さらにヒートテックが肌に直接触れないように
重ね着をすることも有効なんだとか!

引用元:nanisore-club.com(引用元へはこちらから)

シルク素材

二つ目はシルク素材を使用したものです。

これはずっと水分を保有し続けるという
優秀な機能を持っており、

肌の弱い方や乾燥肌の方などには
もってこいのインナーです。
引用元:nanisore-club.com(引用元へはこちらから)

まとめ作者