2016年06月28日更新
ネイル 爪トラブル 乾燥

爪トラブルは「乾燥」が原因だった!?意外と知らない爪の保湿対策

外部からの影響を強く受けることの多い爪。 爪も肌と同じく繊細で爪が乾燥してしまうと様々な弊害が生じてきます。 今回は、爪が乾燥するとどうなるのか、その原因について解説していきます。

1051
0
寝る前などに、一日一回たっぷり塗るよりも、手を使っていて、最も乾燥している日中に5~6回は塗りましょう。
引用元:seez.blog.bbiq.jp(引用元へはこちらから)
手が乾燥したと感じたらハンドクリームを細めにぬる。
もっといえば、「手に塗る」だけでなく、「指先もしっかりマッサージする」感覚で行うだけ。
引用元:www.a-nail.jp(引用元へはこちらから)
特に爪の甘皮のところが乾燥してしまうと、爪が弱くなったり、筋が入った爪になってしまいます。ハンドクリームにあわせて、ネイルオイルを使うことをお勧めします。
引用元:josei-bigaku.jp(引用元へはこちらから)
オイルですので、ハンドクリームに比べて浸透力が高く、しっかりと保湿し保護もしてくれます。使い続けると、健やかで強い爪の成長を促してくれる効果があるため、乾燥だけでなく二枚爪等の悩みも一掃できちゃう

引用元:www.excite.co.jp(引用元へはこちらから)

クリームやオイルを塗った後はマッサージ
マッサージをする事で血行がよくなり爪を健康的にする効果があります。

爪周りにネイルオイルを塗って、やさしくマッサージするようにしてあげましょう。すると指先が暖かくなってくることでしょう。
実はこのネイルケアは保湿効果だけではなく、マッサージによって血流も良くしてあげるわけなのです。すると栄養がきちんと爪にもとどくようになり、爪が丈夫になっていきます。
引用元:nail-navi.com(引用元へはこちらから)
クリームを塗った後には爪の根元や指の側面部分を軽く押さえてマッサージ。血行が良くなるので、爪を健康的に伸ばす助けになります。
引用元:biyo-chikara.jp(引用元へはこちらから)

除光液はアセトンフリーやノンアセトン
除光液(リムーバー)を選ぶときは、ノンアセトンやアセトンフリーの物のほうが、乾燥や黄ばみの原因を作るのを防ぐことができます

ネイルオフの際に使う除光液・・・毒性の強い合成成分のものはなるべく避けましょう。
「ノンアセトン」または「アセトンフリー」とかかれたものが良いと思います。
アセトンは、ほとんどの物質を溶かすことができる有機溶剤で、除光液などに使われる物質ですが、アセトン溶剤の除光液を使い続けると、爪の乾燥を早め、黄ばみや割れ爪の原因になることがある
引用元:www.a-nail.jp(引用元へはこちらから)

トップコートで乾燥を防ぐ
トップコートはネイルカラーにツヤを出すだけでなく、ネイルカラーの割れや剥がれを防ぎますし、上からしっかり保護することで、地爪が割れてしまうのを防ぐこともできます。

乾燥から爪を守るためにはトップコートを塗ることが大切です。
トップコートを塗ることによって、外部からの刺激を防ぎ、爪を守ることができます。
引用元:www.daymobel.com(引用元へはこちらから)

まとめ作者