2016年06月28日更新
朝シャン シャンプー ヘアケア

朝シャン派は要注意!出勤・通学前のシャンプーが引き起こす頭皮トラブル

1日疲れて帰宅すると、ついシャワーやシャンプーを朝済ませようとしがち。しかし実は、朝シャンプーは頭皮を痛めてしまう原因となってしまうこともあるのです。一体どうしてなのでしょうか?

9003
0

皮脂が過剰に分泌されるようになる

この場合、上のようにダニや菌の繁殖はありませんが、安心してはいけません。なぜなら、このような朝夜2回のシャンプーによって、あなたの頭皮が過剰に皮脂を分泌するようになります。

なぜなら、夜のシャンプーしてから、次の朝シャンプーするまでには、8~10時間程度しか空いていません。つまり、皮脂を落としてから8~10時間程度で次の皮脂を落としますので、頭皮が乾燥した状態になります。

すると、頭皮が乾燥していると判断し、頭皮の皮脂腺から大量に皮脂を分泌して補おうとします。

これがどういう事かというと、皮脂がなく乾燥している状態と皮脂が大量に分泌されて油まみれになっている状態とが交互になってしまうという事です。

毛穴にダメージを与える

朝起きたばかりの頭皮は毛穴が開いた状態です。この状態でシャンプーをすると、頭皮に強い刺激を与えてしまいます。

頭皮のかゆみや炎症の原因になってしまいます。
引用元:xn--n8j6dp80ksenmsuunpex0b.com(引用元へはこちらから)

紫外線のダメージを受ける

朝にシャンプーをすると、当然寝ている間に分泌された皮脂を取り除きます。

頭皮の汚れ(皮脂)取り除くと言うのは、頭皮にとっては良い事のように思われます。しかし、実はこの皮脂というのは、紫外線や外からの刺激などから頭皮を守る役割を果たしています。

なので、朝シャンによって頭皮の皮脂を落としてしまうと、紫外線などからのダメージをまともに受けてしまいます。そのダメージが蓄積されることによって、髪が抜けやすくなり、薄毛になってしまいます。
引用元:www.hair-protecter.com(引用元へはこちらから)

夜、シャンプーしないと、髪の毛への影響は計り知れない!

画像を拡大

シャンプー・育毛剤 | 50代女性 ...

出典:whiskeybitch.com
夜シャンプーをしないと、汚れた頭で、サッパリしないまま眠りにつくことになります。それではぐっすり眠ることは難しいかもしれません。
成長ホルモンの充分な分泌のためにも、夜はリラックスすることが重要。それができないと、髪の毛の健康も損なわれがちです。
引用元:allabout.co.jp(引用元へはこちらから)
汚れが頭皮に残った状態で眠ってしまうと、菌やダニが繁殖しやすくなり、異常繁殖すると頭皮の臭いや炎症などの症状が起き、さらには抜け毛やかゆみも多くなります。

引用元:www.biranger.jp(引用元へはこちらから)
成長ホルモンの分泌が促され、細胞が新しく生まれ変わるこの時間帯を“ゴールデンタイム”と呼ばれている

引用元:news.livedoor.com(引用元へはこちらから)
髪が成長するのは夜、時間にして22時~2時の間と言われています。
夜洗髪をしないで頭皮に汚れが詰まったままでいると…
それは髪の成長の障害となり、妨げとなってしまうんですよね。
引用元:first-clinic.jp(引用元へはこちらから)

頭皮も呼吸をしている

画像を拡大

頭皮も呼吸をしている

出典:usugejosei50.blog91.fc2.com
頭皮は皮脂腺や汗腺が多く、一日を過ごした頭皮は皮脂や汗などの汚れが驚くほど詰まっています。

引用元:news.ameba.jp(引用元へはこちらから)

まとめ作者