2016年06月28日更新
ペディキュア ビギナー 危険

ネイルを始める前に知っておきたい「ネイル」の意外な危険性

女子のたしなみとして、ネイルアートやペディキュアを楽しんでいる人も多いと思いますが、マニキュア、ネイルケア商品、除光液などには、かなり刺激の強い化学物質が使われていることを忘れないでおきましょう。

520
0

除光液、リムーバーに含まれるもの

アセトン

加熱分解により有害な蒸気、ガス(一酸化炭素、二酸化炭素)などを発生します。有機溶媒の中では毒性は低いとされていますが、それでも多くの健康被害が報告されています。

引用元:karadanote.jp(引用元へはこちらから)
多くの人が利用し、手軽に手に入ることから、有害性について大きく取り上げられることはありませんが、アセトンは有害です。

しかし、プロであるネイリストの方でさえ、ネイルスクールにおいてアセトンの有害性について何も知らされていないという現状があるようです。
以下では、アセトンに関する基本的な情報から対策についてまでご紹介していきたいと思います。
引用元:karadanote.jp(引用元へはこちらから)

癌に老化!? ジェルネイルの危険

持ちが良く、凝ったデザインも簡単にできるジェルネイル。その反面色々な危険もあるようです。

UVライトに含まれる紫外線が肌にダメージを与え、皮膚がんを引き起こす要因になる可能性がある

引用元:www.dailysunny.com(引用元へはこちらから)
ジェルネイルを硬化させる際に使うUVランプを当てることで、実はどんどん手を老けさせてしまっていたのです。

引用元:www.biranger.jp(引用元へはこちらから)
UV‐A波は肌の奥深くにダメージを与えるため、ランプを当てることで手がシワシワのなってしまう可能性があります。

引用元:www.biranger.jp(引用元へはこちらから)
ジェルを落とすリムーバーには、アセトンが入っている

引用元:www.nail-kit.com(引用元へはこちらから)
UVランプではなくLEDランプが使用されているサロンを選べば問題なし。

引用元:www.biranger.jp(引用元へはこちらから)
、使用後は爪にキューティクルオイルなどで、潤いを与えてあげると良いです。

引用元:www.nail-kit.com(引用元へはこちらから)

妊婦さん・診察関係への影響

画像を拡大

妊婦さん・診察関係への影響

出典:xn--o9jo9cvb.jp

まとめ作者