2016年06月28日更新
簡単コーデ コーディネート 短足

簡単コーディネート!これで脚が短いという欠点をフォローしよう!

人間は様々なタイプが存在し、脚が長い人もいれば、短い人もいるのは当たり前のことです。しかし、そうはいっても脚が短いとファッションが決まらない、、、といった悩みがあるのも事実です。脚が短くてもそれをフォロー出来るコーディネート集をご紹介します。 【画像クリックで画像が拡大されます】

6247
0

ただ、身長があまり高くない方は太いベルトをすると縦のラインが分断されて背が低く見えてしまうので、少し細目のベルトがおすすめです

ポイントになるベルトでウエストマークしましょう。ウエスト位置を高く見せて足を長く見せる効果があります
引用元:www.men-joy.jp(引用元へはこちらから)

トップスとボトムの「色使い」注意する

ボトムをあまり目立たせてしまうと、脚が短いのを強調してしまいます。

なので、脚をあまり強調させないファッションを心がけます。

ジャケット、パーカーなどを羽織るときは、前を開けてインナーを見せ、インナーとボトムの色を同じにし、靴・靴下の色もそろえる
引用元:news.livedoor.com(引用元へはこちらから)
トップスとボトムでは、トップスのほうに明るい色を持ってくる
引用元:news.livedoor.com(引用元へはこちらから)
着やせ効果や足長効果と言われるものは、「目の錯覚」を利用しています。この際、目の錯覚の法則を徹底的に勉強してみるのもおすすめ
引用元:news.livedoor.com(引用元へはこちらから)

目の錯覚を利用します。

「デニム」はダークカラーでシルエットが脚長に見えるものを

デニムをはく際は、なるべくシルエットが脚長となる、ストレートかブーツカットを選ぶようにします。

すその広がったブーツカットタイプのシルエットは、脚長に見せる効果があるのでおすすめしたいアイテムです。
引用元:kan-mote.com(引用元へはこちらから)
言うまでもなく、ダークカラーの洋服は、背が高くて無駄のないシルエットをつくります。ライトブルーやピンクや明るい色のデニムを選ぶ代わりに、ブラックやダークブルーのデニムを選びましょう。
引用元:josei-bigaku.jp(引用元へはこちらから)

丈の短いトップスを選ぶべし!

まとめ作者