2016年06月28日更新
日焼け 紫外線 ヘアケア

髪の毛も日焼けするって知ってた!?日焼け防止方法を紹介!

肌と同様、髪の毛も一緒に日焼けをしているのをご存じでしょうか? 夏の時期に髪の毛がいつもより痛んでしまい、夏から秋にかけて髪の量が減ったり、パサついたり、艶が無くなってしまうのは、髪の毛も紫外線の影響をしっかり受けているからなのです。

1260
0

帽子をかぶる

誰にでも簡単に出来る対策法の一つです(と言いつつ、似合う帽子を探すのが難しい私ですが!)

UVカット機能のついたツバの広い帽子や、通気性の良い麦わら帽子だと、頭皮の蒸れ防止や熱中症対策としても効果があるのでオススメです。
引用元:xn--l8je.net(引用元へはこちらから)

日傘をさす

最近の日傘はUVカット加工(効果は3~5年)されているものが多いため、表面の色は何色でも大差はないそうです。

ただし、日傘の内部の色には注意が必要!黒は紫外線を吸収し白は紫外線を反射することで紫外線を防止しています。

内部の色が白だと、地面や壁などからの照り返しを日傘の内部の白い生地が更に反射させ、その紫外線を浴びてしまうことになります。なので内部の色は黒や黒に近い濃い色をオススメします。
引用元:xn--l8je.net(引用元へはこちらから)

UVカット機能つきのスプレーなどを使う

画像を拡大

UVヘアケア剤で紫外線を防ぐ!

出典:www.prism-hair.co.jp
髪にも使える日焼け止めスプレーなども、良い香りのものやUVカット効果が高くウォータープルーフタイプのものなど、色々出ていますね。効果が高い=成分が強いことも多いので、はじめて使用する場合はパッチテストを行った方が良いようですよ。

引用元:xn--l8je.net(引用元へはこちらから)
紫外線から髪を守るためには、UVカット効果のあるトリートメントを使うのが一番良い方法です。紫外線から髪を守りながら、トリートメント効果でツヤ髪に。一石二鳥のアイテムです。

引用元:allabout.co.jp(引用元へはこちらから)
日傘、帽子や時間帯を気をつけていても、照り返しなどで紫外線を受けてしまうもの。肌同様に、髪のUVヘアケア剤もいろいろ発売されているので、それを利用しましょう。

引用元:allabout.co.jp(引用元へはこちらから)

ヘアクリームやオイルなどで特に紫外線で傷みやすい毛先などをケアしてあげるとよいでしょう。

ダメージを受けにくい髪にすることも大事!

画像を拡大

ダメージを受けにくい髪にすることも大事!

出典:matome.naver.jp
食生活や睡眠時間などが乱れると、細胞の生まれ変わりのスピードが衰え、健康な髪を生み出すパワーが減退するといわれています。

引用元:googirl.jp(引用元へはこちらから)

また、不規則な生活が続くことで皮脂分泌が過剰になる場合も。野菜を中心としたバランスの良い食生活と、規則正しい睡眠は肌だけでなく、髪にも良いのです。髪を作り出すのに欠かせないのが、タンパク質。献立に豆類、肉、魚などを一品加え、毎食、タンパク質を摂取することを意識しましょう。

まとめ作者