知っ得!ファストファッション活用法【ユニクロ編】

誰でも気軽に利用できる一方で、上級者の頭をも悩ますファストファッションの代名詞ユニクロ。そんなユニクロの上手い利用方法を紹介します。【画像クリックで画像が拡大されます】

4299
0

ファッションのプロが教えるユニクロ活用法

ユニクロの上手い利用方法を紹介します。

ユニクロ

1984年6月2日、広島市にユニセックスカジュアル衣料品店「ユニーク・クロージング・ウエアハウス」(UNIQUE CLOTHING WAREHOUSE)を開いたのが始まり。この店舗名の略称がブランド名の元である。それまでの概存衣料店では、1種1品1サイズで売られていたのに対し、ユニクロでは、低価格で同じ型でサイズ違いや色違いを豊富に提供するスタイルを採り、大ヒット商品となったフリースを代表にヒットを飛ばし続け、業績が急成長してきた。

引用元:dic.nicovideo.jp(引用元へはこちらから)
ユニクロの事業展開の特徴として、低価格・高品質が挙げられるが、Made in Chinaという事実を隠さずに事業展開し、成功したことが挙げられる。しかしそれも長く続かず、他のカジュアルチェーンや量販店が、中国生産の低価格・良質商品を手がけ優位性を失ったり、いわゆる「ユニばれ」により2000年代前半の経営悪化の原因となった。この状況から脱却したのは2004年頃であり、その理由としては、ブランドイメージの向上、共同企画商品の開発、買収したブランドのノウハウ移入、機能性を重視した商品開発といったことが理由とされる。

引用元:dic.nicovideo.jp(引用元へはこちらから)
ユニクロの価格帯であの縫製技術は、今現在ではほとんど真似することは出来ないかと思います。ユニクロの低価格にしっかりした品質があれば、売れない訳がない。
というのが、クリーニング屋の見方です。
引用元:ameblo.jp(引用元へはこちらから)

ユニクロが高品質なのに低価格なのはなぜ

卸や商社など中間流通を自社で手掛けることにより、余分なコストをカットし、製品に転嫁
引用元:www.00keiei.com(引用元へはこちらから)

SPA(製造小売業)とは、企画から製造、販売までの機能を垂直統合したビジネスモデルのことです。ユニクロの場合、商品企画・生産・物流・販売までを一貫して行うSPAモデルを他社に先駆けて確立し、高品質なカジュアルウエアを圧倒的な低価格で提供することで飛躍的な成長を遂げました。

中間マージンの排除を徹底した結果、高品質で低価格の商品を実現したのですね。
もちろん大量生産によるものでもあるので街にはユニクロを着た人が溢れているわけですが…

ブランド料が主にどこに掛かっているか
①主にイメージ料が掛かっているもの
②主にデザイン料が掛かっているもの
③主に材料費、品質管理費がかかっているもの

ユニクロ商品のは「はずれ」もある

まとめ作者