2016年06月28日更新
抜け毛 脱毛 薄毛

女性特有の抜け毛の原因と対策

現在、女性の10人に1人は女性特有の薄毛や抜け毛に悩みを持っているとされています。 男性は3人に1人なので、この値からすると大分少ないのですが、それでも女性の薄毛や抜け毛の悩みも男性同様年々増え続けていると言われています。

833
0

抜け毛 - カルシウム不足

画像を拡大

... カルシウム不足?カルシウムを

出典:netallica.yahoo.co.jp
意外と知られていない事実はカルシウム不足が抜け毛を促進させるということです。

引用元:aganokoto.com(引用元へはこちらから)
髪の毛の毛髄質は、「神経細胞が神経線維束として頭皮上に排泄されている状態」ですから、カルシウムが不足して脳神経細胞が働かなくなれば、毛髄質の形成ができなくなり、脱毛という事態も当然のごとく起こってきます。

引用元:www.iikami.com(引用元へはこちらから)
血行をよくしても脱毛が止まらないときは、カルシウムの不足を疑ってみることです。

引用元:www.iikami.com(引用元へはこちらから)

閉経後に起きやすい抜け毛

画像を拡大

抜け毛とそれに伴う薄毛は、閉経後の方に多いと言われており、原因はホルモン異常と考えられています。

出典:blog.goo.ne.jp
抜け毛の原因となる男性ホルモンから抜け毛の促進を阻止してくれる女性ホルモンの分泌が不安定になって起こります。

引用元:www.david-lynn-anderson.com(引用元へはこちらから)
これは閉経により女性ホルモンの分泌量が変化し体調をコントロールしずらい状態が起きるからと言われています。

引用元:mineral.e840.net(引用元へはこちらから)
ホルモン治療などが行われれば、抜け毛はある程度止まります。

引用元:www.david-lynn-anderson.com(引用元へはこちらから)

抜け毛対策には育毛シャンプー

抜け毛を改善するなら、育毛シャンプーが効果的である。
育毛シャンプーが普通のものと違うのは、
抜け毛の原因にもなる弱った頭皮環境を改善するという点。
そして、一般のシャンプーとの違いもある。
一般シャンプーは、30%程「界面活性剤」という物質を含むものが多い。

界面活性剤は、毛穴に浸透する性質がある。
また、毛髪や毛穴に残りやすいので、毛穴のつまりを起こし、
抜け毛をさらに悪化させる。
抜け毛を防ぐなら、一般シャンプーの中でも
界面活性剤に天然成分を使用しているものを選ぶとよい。

いくら育毛シャンプーとは言っても、
選び方の基準は、一般シャンプーと変わらない。
頭皮への刺激が少ないもの、皮脂を取り過ぎないもの、
きちんと頭皮や毛穴の育毛環境を整えるもの。

育毛シャンプーは、一般シャンプーに比べて多少高価ではあるが、
育毛剤などを買うことを考えれば、
毎日のケアを大切にすることが、一番の抜け毛対策である。

引用元:hairproblem.seesaa.net(引用元へはこちらから)

サプリメントやマルチビタミンが有効

画像を拡大

髪は栄養分なくして育たないため、栄養不足は薄毛を引き起こす要因となります。

出典:kirakira2010.ti-da.net
ビタミンは、体内の様々な代謝に関わり生体の機能を正常に保つ補酵素作用を果たす大切な栄養素で、発育や物質代謝を調節するなど、生命活動に不可欠な有機物です。

引用元:ruby07.com(引用元へはこちらから)

まとめ作者