夏までに間に合う! ハリウッドセレブ御用達の5:2ダイエット

今海外で大ブームの5:2ダイエット。 夏までに成果を出すのも夢でなさそうですよ。

178
0

ミランダ・カーやジェニファー・ロペスも実践したことで話題の5:2ダイエット。
厳しい食事制限や激しい運動などのないこのダイエット法で
きつくないことから「ゆる断食ダイエット」とも呼ばれています。
ダイエット効果だけでなくアンチエイジング効果もあるのが人気の秘密!
あなたも夏までに成果を出してみませんか?

5:2ダイエットのルール

1週間のうち2日間を断食日とする
断食日は通常の4分の1程度のカロリーに抑える(男性は600kcal・女性は500kcalが目安)
断食日のカロリー管理は厳密に行う
食事は高タンパク、低GIの食品を選び、炭水化物はできるだけ控える
断食日は連続した日はNG。月曜日と木曜日など数日間空ける
引用元:column.asken.jp(引用元へはこちらから)

断食日といっても、実際にはまったく食べないわけではないんですね。
また週に2日といっても連続して行わないために
体にも精神的にも大きな負担にはなりません。
この辺のゆるさが続けやすさと人気の秘密です。

■低GI食品
低GI食品はゆるやかに血糖値を上昇させるので、腹持ちが良く空腹感を緩和させます。 GIが50以下のものを選びましょう。

■良質なタンパク質
タンパク質は適度な満腹感を与えてくれるので、断食日にはもってこいの栄養素。特に卵がおすすめです。卵のほかに、赤身の肉・皮をとった鶏肉・低脂肪乳・大豆などがあります。

■野菜・果物・ナッツ類
野菜はご存じのとおり低カロリー。たくさん食べてもカロリーを気にすることはありません。サラダや蒸し野菜にして食べましょう。 ただし、かぼちゃやじゃがいもなどはカロリーが高いので、食べ過ぎに注意。 日中おなかがすいたときは果物やナッツ類を選びましょう。

■水分をたくさんとる
水分といっても、水だけではなく、お茶やブラックコーヒーなどもOKです。空腹感を紛らわしてくれるのはもちろん、温めて飲むことで気分をリラックスさせてくれます。 ゆっくりひと口ずつ飲むようにしましょう。
引用元:column.asken.jp(引用元へはこちらから)
画像を拡大

低GI食品 と言う言葉は、あまり ...

出典:kireina.org

低GI値って何?

以前話題になり、その安全性と高い効果から
今も根強いファンを持つ低インシュリンダイエット。

ここでも低GI値は重要なダイエットのポイントでした。
GI値の低い食品を選ぶのが成功のカギです。

食品のGI値一覧
引用元:dietmart.net(引用元へはこちらから)
画像を拡大

GI値リスト-

出典:www.shoku-do.jp

5:2ダイエットの効果

・体内の酸化防止(アンチエイジング)
・加齢にともなう疾病に対する抵抗力の強化
・肌質改善
引用元:thefastdiet.jp(引用元へはこちらから)
イギリスで45日で5kg減の実績

イギリスでは45日間で体重が5kg減少したという検証データがあります。日本人の検証結果は多くありませんが、カロリーを正しく計算し管理することで、ダイエット効果を期待することができます。
引用元:column.asken.jp(引用元へはこちらから)

専門家のアドバイス

専門家のひとこと

なかなか体重が落ちない停滞期など、ダイエットがマンネリしたときに取り入れると効果的なダイエット法です。断食と言っても食事をまったく食べないわけではないので、普段の生活に取り入れられます。断食日以外は特に食事の制限がないのでストレスが溜まりにくいと言われています。
引用元:column.asken.jp(引用元へはこちらから)

まとめ作者