2016年06月28日更新
美肌 シミ 肌荒れ

身につけるべき美肌習慣。朝にフルーツを食べてキレイになろう!

ヨーロッパでは昔から言われている「朝のくだものは金、昼は銀、夜は銅」という諺、 これは医学的にも根拠のある事なんだそうです。 朝の食事に果物を取り入れて、美肌と健康を手に入れてみませんか? 【画像クリックで画像が拡大されます】

1005
0

パパイヤ

抗酸化作用の強いビタミンA、Cを多く含むパパイヤ。葉酸も多く含んでいるので貧血予防にも良い果物です。
引用元:www.skincare-univ.com(引用元へはこちらから)

マンゴー

ビタミンA、C、β-カロテン、葉酸が豊富に含まれています。青いうちはビタミンCの含有量が多く、よく熟すほどβ-カロテンの量が増えます。肌の老化を防ぎ、肌の角質を再生させる効果の期待できる果物です。
引用元:www.skincare-univ.com(引用元へはこちらから)

イチゴ

ビタミンCが豊富で、100g中に62mgも含まれており、7~8粒も食べれば1日の必要量を十分摂取できるほど。抗酸化作用も高く、美肌作りには最適です。

引用元:www.skincare-univ.com(引用元へはこちらから)

朝にはちょっと注意が必要なフルーツ

朝や、外出前に食べてしまうとシミやソバカスの原因となってしまう果物もあるので、注意してください。

ただし、紫外線への感受性を高め、シミの原因となってしまう「ソラレン」という物質が特に柑橘系に多く入っているので、その点は注意しましょう。
引用元:朝食は「しっかり」の必要なし!朝はフルーツだけで簡単美肌づくり | Life & Beauty Report(LBR)
 紫外線リスクを高める成分に“ソラレン”と呼ばれるものがあります。ソラレンとは光により活性化する物質のことで、紫外線に体する感受性を高める性質があります。つまり紫外線を吸収しやすくなるということ。光を浴びて紫外線に対する反応が敏感になり、体へ負担を与える性質のことを「光毒性」と呼びます。
引用元:www.chiemax.com(引用元へはこちらから)

まとめ作者