2016年06月28日更新
美肌 シミ 肌荒れ

身につけるべき美肌習慣。朝にフルーツを食べてキレイになろう!

ヨーロッパでは昔から言われている「朝のくだものは金、昼は銀、夜は銅」という諺、 これは医学的にも根拠のある事なんだそうです。 朝の食事に果物を取り入れて、美肌と健康を手に入れてみませんか? 【画像クリックで画像が拡大されます】

1006
0
果物を食べていれば体に必要な栄養はほとんど取れます(ただし、ミネラルは緑葉野菜で補う必要があります)。果物は水分や食物繊維、ファイトケミカル、ビタミン、ミネラルが豊富に含まれ、タンパク質も、母乳の中に含まれている量と同じかそれ以上あるんです。
引用元:www.asafuru.com(引用元へはこちらから)

フルーツは消化が良い

エネルギーを消耗せず、生産的な一日を過ごすためにも私たちの体にとって消化が難くなく、最低限のエネルギー消耗で済むフルーツはオススメであると考えられるようです。
引用元:朝食は「しっかり」の必要なし!朝はフルーツだけで簡単美肌づくり | Life & Beauty Report(LBR)
生のフルーツには食物酵素が豊富。「熟す段階であらかじめ消化が進んでいるため、消化吸収に要する体のエネルギーや体内酵素を大幅に節約できる」
引用元:朝フルーツと昼の“白抜き”が効くワケ:日経ウーマンオンライン【美ボディーダイエット食プログラム】

朝おこる、お通じに効果的

午前中はおもに排泄の時間帯であるから、排泄の機能を促進するように生活改善をすれば、体内から毒素が効率的に排泄されて飛躍的に健康になれる。
引用元:体にいいもの食べた~い! なぜ朝食に果物をたべるのか②
果物はミカンにしてもモモにしても非常にたくさんの水分が含まれています。80~90%は水分です。でも、この水分は普通の水とは違います。その水分の中には、体の中の老廃物を掻き立てて排泄する力があるんです
引用元:www.asafuru.com(引用元へはこちらから)
フルーツには食物酵素だけでなく、水分やビタミン、ミネラルもたっぷり。さらにうれしいことに、食物繊維も水溶性・不溶性ともにバランス良く含まれる。
 つまり大腸の環境を整えてお通じを促進する効果も、同時に期待できるということ。大腸で毒素が発生しても、それをスムーズに排泄することにつながる
引用元:朝フルーツと昼の“白抜き”が効くワケ:日経ウーマンオンライン【美ボディーダイエット食プログラム】
食物の「5W1H」(what,where,who,when,why,how)はみな重要ですが、果物ではwhenがいちばん重要です。つまりはいつ食べるかですが、まず「時間帯」でいうと、果物は朝か午後が最良です。水分と食物繊維が多いので、朝なら胃腸を刺激し気分も爽快になります。

引用元:www.jacom.or.jp(引用元へはこちらから)

果糖って太る原因になりそうだけど?

果物の果糖は白砂糖よりも複雑で、ゆっくりと吸収されます。そして細胞へ送るときもインスリンを必要としません。
引用元:朝食は果物-果物は最高の食べ物です-朝食は果物MORE
果物などはその甘味の為、糖尿病やダイエットに良くないと言われますが、甘味自体添加の砂糖類と違い自然ですし、食物繊維も多く摂れるので最近の研究では、それほど血糖値を上昇させないと言われています。
引用元:朝の果物はダイヤモンド!
一方の果糖は、ほとんどが肝臓で代謝され、インスリンを必要としないので血糖値を上げません。血糖値の急上昇が肥満や糖化につながると考えられるため、果糖のように血糖値を上げなければ肥満を防ぐのではないかと考えられました。しかし果糖も、過剰にとると肥満のリスクがあることが指摘されています。
引用元:allabout.co.jp(引用元へはこちらから)

まとめ作者