2016年06月28日更新
シャンプー 美髪 ヘアケア

美髪への道!正しいシャンプーの選び方

シャンプーはヘアケアの基本。 CM、価格、香り、美容師さんにすすめられて、など色々あるかと思います。 シャンプーの成分表示を理解するのが、シャンプー選びの第一歩です。 【画像クリックで画像が拡大されます】

8353
0
天然成分由来の弱酸性成分を主成分とするもので、洗浄力は少し低め。髪と同じ成分なので低刺激なうえ、保湿力が高いことが特徴です。

引用元:wooris.jp(引用元へはこちらから)
洗浄力は、そのほかのシャンプーと比較して弱いです。皮脂量が通常より多めの方は、2度洗いするなど工夫が必要です。

引用元:hairinfo.hatenablog.com(引用元へはこちらから)
髪の毛はアミノ酸から構成されるタンパク質で作られるため
アミノ酸を補うことで健康でイキイキとした髪の毛にします。
頭皮を外部の刺激から守る皮脂を適度に残しながら、
余計な汚れはしっかり取り除いてくれるため、まさに理想的な頭皮ケアができるシャンプーといえます。
引用元:tohi-zyoho.com(引用元へはこちらから)

【メリット】

洗浄力・脱脂力ともに適度
低刺激で頭皮への負担が少ない

【デメリット】

アミノ酸の原価が高いため、比較的高価

「シリコン」にも注目

画像を拡大

「シリコン」にも注目

出典:whiskeybitch.com
安価で作れるうえにダメージヘアなども手軽に手触りを改善できるため非常によく使われます。

引用元:www.shampookantei.com(引用元へはこちらから)
ただし、この改善は一時的なもので、根本的な改善にはなっていないため、知らずに使い続けていると、髪の痛みを進行させることになってしまいます。

引用元:www.amnoacdshapo.com(引用元へはこちらから)
シリコンが入っていないと、手触りはかなり悪くなりますが、このシリコンも入りすぎると髪の毛には余りよくないようです。

引用元:www.hairmake-lir.com(引用元へはこちらから)

ジメチコン、シクロメチコン、シリカ、シリル、シロキ、シラン、○○メチコンと書いてあるもの

シリコンは成分の順番の後ろのほうにあるかどうか(後ろのほうにあると量が少ない、ということになります)ということに気をつけてみてください。

引用元:www.hairmake-lir.com(引用元へはこちらから)

洗浄力が強いシャンプーはシリコンで滑らかにしないと髪がギシギシになります。
そのため、シリコンが多く入っているシャンプーは洗浄力の強いシャンプーである可能性が高いです。

まとめ作者