肌荒れに効く!ノンカフェインティーって!?

妊娠中や授乳期の女性の方、体質的にカフェインに敏感な人、また就寝前に飲むと寝付きが悪くなるといった心配をされる人であれば、なるべくカフェインの摂取を控えた方が良いと考えられていますので、気分転換やリラックスしたい際などには先に挙げたようなノンカフェインの飲み物をお勧めします。

1533
0
そば茶もカフェインが含まれていないノンカフェイン飲料で、中でも【ダッタンそば(韃靼蕎麦)】と呼ばれる種類の蕎麦を原料に使用したダッタンそば茶に人気があります。

ダッタンそば茶には、ビタミンP(ビタミン様物質)の一種である【ルチン】という成分が多く服なれ含まれていることから、毛細血管を強化し動脈硬化を予防する他、高血圧の予防や改善、糖尿病の予防といった効能などが期待できると考えられています。
引用元:www.clue4health.com(引用元へはこちらから)

たんぽぽ茶 (たんぽぽコーヒー)

タンポポ茶は見た目の色や風味がコーヒーに近いことから【タンポポコーヒー】とも呼ばれているので、カフェインが入っていると勘違いされる人も居られますが、カフェインは含まれていないノンカフェインの飲み物です。

タンポポ茶の効能としては、利尿作用があることから浮腫(むくみ)の改善がある他、冷え性や便秘の改善、胃や肝臓の働きを助けるといったことが挙げられますが、最も知られているのは母乳の出を良くする効果があるというものです。


引用元:www.clue4health.com(引用元へはこちらから)

甜茶

甜茶は中国では甘みのあるお茶の総称として親しまれているノンカフェインの健康茶で、いろいろな効能が期待できるということで日本でも注目を浴びています。

甜茶には各種アミノ酸をはじめ、カルシウム・マグネシウム・カリウム・亜鉛・鉄といったミネラルが含まれている他、【GODポリフェノール(甜茶ポリフェノール)】という有効成分が含有されており、このGODポリフェノールの作用により花粉症や喘息などのアレルギー症状の緩和に効果的であると言われています。
引用元:www.clue4health.com(引用元へはこちらから)

杜仲茶

杜仲茶(とちゅうちゃ)は非常に生命力が強いといわれている植物である「杜仲(とちゅう)」を使ったお茶で、カフェインが含まれていないノンカフェイン飲料のお茶です。

杜仲は古来より中国で「不老長寿」の生薬として親しまれてきました。人体に作用する代表的な効能としては、血圧の下降作用や動脈硬化の改善と予防等が挙げられますが、これは杜仲茶に含まれている「リドイド配糖体のゲニポシド酸」と呼ばれる成分の作用によるものと考えられています。
引用元:kenko-info.biz(引用元へはこちらから)

若さを保ってくれそうです。

ルイボスティー

活性酸素は、花粉症やぜんそくなどのアレルギー症状を引き起こす原因として知られています。シミ・シワ・そばかすといった肌の老化にも、活性酸素が大きく関係していると言われています。

この活性酸素を抑える働きをするのが、ルイボスティーに含まれているSOD様酵素なのです。
SOD様酵素やミネラルがたっぷり含まれているルイボスティーを習慣として飲み続けることで、 美容の最大の敵である活性酸素を抑えることに役立ち、結果として細胞の新陳代謝を促進してくれます。
引用元:www.rtroom.co.jp(引用元へはこちらから)

まとめ作者