2016年06月28日更新
シワ シワ対策 アンチエイジング

シワを作らない!今日からできるシワ対策!

まだまだ私にはシワなんて早い、なんて思っていたのに ある日ふと鏡を覗けば!シワが!って事ありませんか? そんなシワのお悩みを解決する美肌術を徹底的に調べてみました。 【画像クリックで画像が拡大されます】

3181
0

シワを作らない為にできる事

年齢と共にどうしても一本、二本と増えてきてしまうシワ。
人生の年輪、大人の魅力と言われても、やっぱりいつまでも若々しくハリのあるお肌で居たいものです。
そこで、これ以上シワを増やさないために出来る美肌術を徹底追及!

シワの原因とは?

そもそもシワは何故できてしまうのでしょうか?

その原因はズバリ!

紫外線です!!!

「高齢になってもシワが少ない人が
たくさんいる!」と聞いて訪ねたのは、秋田県。
70~80代になっても
シワが少ない女性たちに次々と出会いました。
東京の人たちに写真を見てもらうと、
なんと「20歳は若く見える」という声が続々!
さらに調査を進めると
特にシワの少ない人たちには、
ある共通点があることがわかりました。
それは・・・

「ずっと【屋内】で働いてきた人」

秋田県は日照時間が全国で一番短い上に、
屋内で過ごす時間が長かったため、
「あまり紫外線を浴びてこなかった人たち」
だったんです。
引用元:www9.nhk.or.jp(引用元へはこちらから)

紫外線の種類

地上に届く紫外線には、
UV-BとUV-Aという2種類の紫外線があります。
UV-Bは、波長が短く、皮膚の浅いところまでしか
届きませんが、
浴びすぎると炎症を起こしたり、
皮膚がんの原因になったりします。
一方、UV-Aは、波長が長く皮膚の奥まで届きます。
UV-Bに比べ皮膚への影響は穏やかですが、
長く浴び続けることで、弾性線維をバラバラにして かたまりにし、シワを形成してしまいます。
引用元:www9.nhk.or.jp(引用元へはこちらから)

UV-Aは秋や冬にも沢山降り注いでいるようです。

「どうしてもシワを作りたくないなら、
秋冬も油断はできない」んです。
またUV-Aはガラスも通り抜けるという
特徴があります。
長時間車を運転したり、窓際で過ごすことが多い人は
UV-Aをたくさん浴びている可能性があります。

引用元:www9.nhk.or.jp(引用元へはこちらから)

シワを防ぐ第一歩!効果的な日焼け止め選び。

まとめ作者