2016年06月28日更新
ワセリン 便利 美肌

化粧かぶれの時に活用できるワセリンとは何か?

化粧かぶれになると大抵処方される白色ワセリンですが、その効果は良いものとなっています。このワセリンを上手に使っていきながら、美肌を目指していきましょう。

455
0

極めて不純物が少ないのはプロペトとサンホワイト。プロペトは主に病院で処方されます。サンホワイトはプロペトより不純物が少なく、医薬品と同じレベルの品質です。

なぜ化粧かぶれにワセリンは使われるか?

まずはすぐに病院へ!
そうしないとますます悪化します。そして、最悪はシミになってしまうそうです。

大抵の場合、病院では、白色ワセリンを処方されるそうです。

化粧かぶれをしたときには、基本「肌に何もしない」なのですが、それでは乾燥でダメージを受けやすいんです。
そこで、ワセリンで保湿するんですね。

ワセリンは低刺激で肌に油膜を張るので、外部からの刺激からも皮膚を保護し、また油分で水分の蒸発を防いで乾燥から守ります。

化粧かぶれをしてしまった際に、ワセリンの使用で特に問題ないようであればワセリンが安価で日々の保護クリームとしても良いでしょう。

ワセリンを使ってスキンケア

画像を拡大

リップバームやリップパックと ...

出典:prtimes.jp

体に塗る前に皮膚を湿らせておくことと、手の平であたためることです。また基本、ワセリンは薄く伸ばしましょう。

手の平にとったワセリンを指の腹で練るか、手の平同士をこすりあわせてから、皮膚のしわに沿って優しくなじませます。

こすらない、洗いすぎない、何もつけないスキンケアをすると、肌が本来の機能を取り戻すまでは乾燥したり、刺激を感じることがあります。

そうした症状を少しでも緩和するために ワセリンを使って肌の回復を待つわけです。

その分ワセリンには高い保護力があるわけですが、 寝る時に使えば様々な美肌ケアに役立てることができるのです。

例えば、乾燥からくる頬や目元のカサカサ肌や、 おでこや眉間のシワのケアも期待できます。特にほうれい線のケアには人気が高く、 マスクとの併用で良い実感を得られる場合もあるでしょう。

まとめ作者