2016年06月28日更新
ヒッピー コーディネート 女性

ブームが再来!70年代&ヒッピー風コーデについて知る

2015年春夏は、フラワー、フリンジなど70年代を感じさせるアイテムがトレンドに。分かりやすいアイコニックなアイテムですが、そのまま着ると子供っぽい雰囲気にもなります。それらを大人の女性らしく着るコツをお伝えします。

483
0

リネン、スエード、刺繍入りやコットンレースなど素材を意識

刺繍入りブラウスは初心者にも取り入れやすいアイテム

ヒッピーや70年代ファッションは、やはりウッドストック・フェスティバルに代表されるような土っぽい、自然を感じさせる物も大事な要素の一つ。

プレーンな形のバッグもスエード素材だったり、洗いざらしたリネンのシャツや、ワンピースやスカートなどもコットンレースだったりするだけで、今年らしく活躍させられます。

クローゼットに眠っているアイテムを再点検してみたり、古着屋さんでもリーズナブルなプライスで多く置いてあるアイテムなので、一つコーデに足すだけでも、十分に今年らしさを楽しめます。

フリンジ小物は使える!

スエード×フリンジはまさに今年にぴったり

画像を拡大

... が出てくるスエードフリンジ

出典:item.rakuten.co.jp

今シーズンとても目立っているのがフリンジアイテム。これは簡単にトレンドを楽しめる、大人には特にトライしてほしい便利アイテムです。

その他にも今はバッグからアクセサリー、シューズまであらゆるものにフリンジが付いていて選ぶのも迷ってしまうほど。シンプルなコーディネートに一つ足すだけで今年らしく仕上がります。

どこかを締めてメリハリをつける

ワンピースの場合は特にシルエットが重要です。バストの下に切り替えが入っている、Aラインのミニワンピースやチュニックは子供っぽくなるので避けて。婦人服にも良くあるシルエットで、あまりスタイリッシュな印象にはなりません。

なるべく体のラインに沿うIラインの物や、ウェストが締まっているミディアム丈の物は上品な印象になりオススメです。スカート単体で選ぶ時も同様です。

まとめ作者