2016年06月28日更新
失敗 チーク

メイク失敗の原因?自分に似合うチークの色の選び方を考える

チークはどれでもいいや!チークはおてもやんやんになるから付けない!という人もいると思いますがチークはベースメイクの仕上げともいえる重要なポイントです。失敗しないコツなどをまとめます。

495
0

メイクの色選びの中でも、特に難しいのが「チーク」の選び方です。流行や色のイメージだけで選んでしまうと、違和感が出て失敗することがあります。

チークの色選びで大切なのは「チークはファンデーションに準ずるもの」と捉えて、「自分の肌に合う色を選ぶ事」です。

色見は実は大きく分けて二つ

チークの色はとても沢山あるように見えますが、実はたった2つの色グループに分類することが出来るのです。その基準が「青み(が強いか)」か「黄み(が強いか)」

ブルーベースに分類されるチーク

フューシャピンク、パステルピンク、ローズピンク、モーブ、トゥルーレッド、ローズレッド、バーガンディ、モーブなどの色のチーク。
クールですっきりした印象のチークです。

イエローベースに分類されるチーク

コーラルピンク、サーモンピンク、オレンジ、テラコッタ、トマトレッドなどの色のチーク。温かみのある印象のチーク

チークの色選び方

普段使っているアクセサリーでチークの色を選ぶ

画像を拡大

... した、ヘアアクセサリー と

出典:mekemeke00.exblog.jp

「シルバー」を身につけてお肌に透明感が出る方は、ブルーベースのチーク(A)が似合います。

まとめ作者