2016年06月28日更新
ネイルチップ セルフ アイテム

これがあればOK!ネイルチップを付ける時に必要になるもの

お店で素敵なネイルをして貰うのもいいですが、さまざまなデザインのネイルが気軽に試せるのは「ネイルチップ」。自分でネイルアートを楽しむのも良いですし、市販の可愛いデザインのものもたくさん販売されています。また、直接自分の爪に塗るジェルなどと違ってきます。

337
0

「エタノール」で爪の油分をオフ!

ここまで完了したら、エタノールや除菌アルコールを使って爪の表面の水分・油分・汚れを拭き取ります。

この作業をすることでネイルチップがしっかり爪に接着します。

持続時間を考慮する

ついにネイルチップの登場です。しかしネイルチップ、接着するのに2種類の方法があります。ネイルをする場面や時間に合わせて選んでみてください。

長時間しっかりキープ「接着剤」派

画像を拡大

付け爪をグルー(接着剤)で ...

出典:jamnjelly.ti-da.net

まずは爪に「専用の接着剤」を塗ってチップを付ける方法。この方法のメリットは何といってもチップが外れにくいこと。とっさに直せない場面に付けていく場合や長時間付ける場合にはお勧めです。

デメリットはオフする時に時間がかかり、ネイルチップの再利用がしにくいこと。接着剤は強力なのでネイルチップが傷んでしまうため、お気に入りのネイルチップには使いづらい方法かも?

“ちょっとだけ”のおしゃれに「両面テープ」派

画像を拡大

が両面テープ、右側がネイル ...

出典:allabout.co.jp

もう一つの方法は「両面テープ」を使う方法です。市販のものでチップにテープが付いているものもありますし、100均で売っているものを使用するのもOK。

メリットは簡単に付け外しができること。ネイルアートは爪を傷めるものも多いなか、爪に優しい方法なのが嬉しいですね。

デメリットは簡単に外れてしまうこと。ネイルをしたいのが短時間の場合や、こまめに直すことができる状況の場合にお勧めです。

道具も手軽に揃えられる!

まとめ作者