2016年06月28日更新
女性 おしゃれ ガウチョパンツ

ガウチョパンツが大注目!しっかりと着こなすコーディネートまとめ

風でめくれ上がる心配はないし、風通しがよいから、夏も涼しい、しかも、幅広のおかげで、脚が細く見えるおまけ付きです。そこで世界のおしゃれ上手の知恵を拝借し、大人のガウチョパンツ着こなしコーデを紹介します。

402
0

モーキーピンクのガウチョに、ほんのりシースルーのプルオーバーをオン。メタリックなクラッチバッグと靴でリッチ感を添えました。

白系ガウチョにはマニッシュ靴で合わせ、凛々しさを引き出しています。トップスは総レースにリボン付きで、フェミニン濃度高し。ショート丈の裾からお腹をチラ見せして、たおやかさを印象づけています。

シャツでスタイリッシュに

ふくらはぎ丈のガウチョはミモレ丈スカート風にはきこなせます。オンとオフをまたいで自在に着回しできる丈感です。

たとえばシャツで合わせれば、きちんと感のあるパンツルックに早変わり。白ガウチョはベージュ系シャツをウエストインしてノーブルな着映えに。ブルー系トップスで涼やかに見せる手もあります。

黒っぽいガウチョには、やはり白シャツが鉄板。モノトーンのスタイリッシュコーデはオフィスにもなじみそう。ウエストアウトでのどかに見せたり、靴で主張したりといったアレンジで、着回しの幅が広がります。

エフォートレスにはきこなす

気負いを感じさせない伸びやかな着姿が持ち味の「エフォートレス」はもはやトレンドを超えてスタンダードな着こなしとして浸透してきました。

マキシ丈スカート風に映る長めレングスを選んで、やさしい表情のトップスを引き合わせれば、ガウチョ×エフォートレスの出来上がり。ビッグモチーフの半袖シャツが脱力系のユーモラスな空気感を呼び込みました。

足元はフラットサンダルでヌケ感を出しています。ボーダー柄のノースリーブもくつろいだ風情。でも、靴はマルチカラーのポインテッドトゥでつやめきを漂わせているのが、上級者の才覚です。

チラ腹見せに薫るセクシー

もともと牧童の仕事着だけに、どこかワークウエア風のアクティブ感があるガウチョ。でも、白のミモレ丈なら、ぐっとエレガントに映ります。

まとめ作者