【第31回管理栄養士国家試験】解答速報 午前・午後の割れ問解説・合格ボーダーライン【2017年国試】

第31回管理栄養士国家試験 国試が平成29年3月19日に実施されました。午前・午後の部の割れ問解説・解答速報・合格ボーダーや難易度・合格率をご紹介します!解答割れ問題の開設を随時追加

62804
0

第31回 管理栄養士国家試験

試験概要

平成29年3月19日(日曜日)

合格発表日

平成28年5月10日(火曜日)午後2時より厚生労働省のホームページなどで発表

管理栄養士とは

管理栄養士は国が認める唯一の栄養関連の国家資格のこと

職業としてのニーズ

病院、診療所等の医療施設に勤務し、患者さんの食事や栄養の管理、栄養食事指導を実施。
病気の治療、再発防止、合併症予防を目指し、栄養アセスメントやプランニング、モニタリングなど、患者さんに合った栄養管理・食事管理を行い、医療分野でチームの一員として役務を担います。
故に、医療における栄養の専門家としての、高度な知識や技術が必要となります。
引用元:goukaku-on-line.sakura.ne.jp(引用元へはこちらから)
福祉施設に勤務し、栄養管理と給食管理を行っています。
個々の入所者の栄養状態を適切にアセスメントし、その状態に応じて多職種協働により栄養ケア・マネジメントを行います。
引用元:goukaku-on-line.sakura.ne.jp(引用元へはこちらから)
小・中・特別支援学校、夜間定時制高校に勤務し、学校給食の管理を行うとともに、子供達へ食に関する指導を行っています。また、教育委員会に勤務し、学校給食に関する行政指導を行っています。さらに、正しい食事の摂り方の指導とともに、教科や特別活動における指導、さらに食生活の改善や食物アレルギー・肥満等の個別的な指導、食に関する指導に関わる学校全体の指導計画の作成、食に関するカウンセラーなど。
引用元:goukaku-on-line.sakura.ne.jp(引用元へはこちらから)

試験科目・出題数

午前

社会・環境と健康(問題1~17)

人体の構造と機能及び疾病の成り立ち(問題18~44)

食べ物と健康(問題45~69)

基礎栄養学(問題70~83)

応用栄養学(問題84~99)

まとめ作者