2016年06月28日更新
ダイエット 短期 ファスティング

【短期ダイエット】夏までまだ間に合う!短期間でできるダイエット方法まとめ【シェイプアップ】

2週間〜1ヶ月短期間でできるダイエットをまとめてみました。参考にしてみてください!

1652
0
画像を拡大

3) ビタミンB1、B2と一緒に
炭水化物とビタミンB1、B2を同時に 摂取すると、糖質が効率よくエネルギーに変換されます。特にビタミンB1が多 く含まれるニラ、ニンニク、ネギなどが効果的な食材です。

出典:www.dex.ne.jp

※注意点※

画像を拡大

過剰に減らしすぎると栄養不足から日常生活に支障をきたしてしまいます

取り過ぎももちろん良くはありませんが、炭水化物から生み出されるブドウ糖は脳の唯一のエネルギー源なのです。

出典:www.irasutoya.com
・ 脳が栄養不足となるので、ボーッと したり集中力が続かなくなる
・ 肝臓に貯えられた糖質が分解され、 肝臓機能が低下する
・ 体内タンパク質が分解され、疲労が たまりやすくなる
・ 体内のPHバランスが崩れて血液が酸 性に傾き、「ケトアシドーシス」という昏睡状態を引き起こす
引用元:club.panasonic.jp(引用元へはこちらから)

1日最低限摂取しなければならない炭水化物量は?

炭水化物の目標量は、1日に必要なエネルギーの50%以上70%未満です。
1gの炭水化物は4Kcalのエネルギーがありますので、計算式は
炭水化物=(エネルギー必要量×炭水化物のエネルギーに占める割合)÷4

引用元:www.eiyoukeisan.com(引用元へはこちらから)
あまり急激に炭水化物の摂取量を減らすと、デメリット が大きくなります。低炭水化物ダイエットでは、1日の摂取量を通常の1/2~ 1/3程度、90~150g程度に抑えるようにしましょう。
引用元:club.panasonic.jp(引用元へはこちらから)

ファスティング、断食

※一番ダイエットの効率がいいとしてよく耳にするファスティング、断食ですが
やり方を間違えるとデトックス効果が無駄に終わったり、健康を害してしまう恐れがあります。

前提として

画像を拡大


断食ダイエット系を行う前は、消化のいいものを食べるように心がけましょう。

出典:blog.livedoor.jp

ファスティング、断食には準備食が大切!

たまに「明日からファスティングだから、今日のうちに・・・」といって、高カロリーな夕食やアルコール・ケーキを 食べてしまう方がいますが厳禁です。これではファスティングの効果を十分に感じることができなくなります。

引用元:www.northvillage.ne.jp(引用元へはこちらから)
ファスティング中は有害物質の解毒により腎臓、肝臓に負担が掛かります。
普段から砂糖を摂りすぎている場合、副腎疲労を起している事があり、解毒による疲労と合わさって背中がパンパンに張れ、背中の疲れや腰痛が起きます

普段から腰痛で悩まれている方はますます酷く感じる事があります。
中には、腎臓が炎症を起こし腎盂炎になる事もあります。

引用元:n-lab.co.jp(引用元へはこちらから)

やり方

まとめ作者