2017年02月02日更新
結婚 中高年 費用

結婚式の様々な歴史~中高年が挙げる式の費用~

現在は、中高年で結婚式を挙げる人が多くなっています。様々な理由がありますが、中高年の結婚事情を見てみましょう。昔と比べて、結婚式にかかる費用や内容が変わってきます。

261
0

若者とは対照的?【中高年の結婚=シニア婚】が活発

画像を拡大

最近、中高年の結婚が増えているのをご存知ですか?「シニア婚」とも呼ばれ、中高年の方たちにとっては当たり前のような存在になっているようです。どのような理由により、中高年の結婚が増えているのか見ていきましょう。

出典:jocee.jp

中高年はパートナーを失ってしまいがち

配偶者と離別や死別したらひとり暮らしになるというのが、高齢者の一般的なモデルケースになっています。厚生労働省「国民生活基礎調査」によれば、65歳以上でひとり暮らしをしている人は2014年には596万人もいます。
引用元:www.nhk.or.jp(引用元へはこちらから)

シニア婚活の背景には、まず未婚の中高年男性が急増していることが挙げられます。50歳時点で一度も結婚経験がない男性は、2010年には5人に1人もいました。

熟年離婚をして、シングルになる中高年も増えています。「人口動態統計」によれば、50歳以上の熟年離婚件数は1990年と2000年を比較するとわずか10年間で3倍近くにも増加しています。熟年離婚の増加は現代的な傾向であるといえます。
引用元:www.nhk.or.jp(引用元へはこちらから)

現代の中高年にとってシニア婚は当たり前

厚生労働省「人口動態統計」によれば、50歳以上で婚姻届を出した人は2000年頃から急増しています。
引用元:www.nhk.or.jp(引用元へはこちらから)
バツイチ・再婚・子持ち(子連れ)の方の婚活は新たな幸せへのきっかけです。
苦い結婚生活、そして離婚を経験していても、再婚を望む人が70%以上と多いのはどうしてでしょうか?
子供の為に。
経済的に。
一人は寂しい。
…理由は様々あると思いますが、最大の理由は自分が幸せになりたいから。
シンプルにこれが一番ではないかと思います。
「再婚」行動に移すにはこの気持ちが一番大事だと思います。

引用元:angelroad-co.com(引用元へはこちらから)

中高年は離婚や死別といったもので独り身になる人が多いようです。グラフからも分かるように、中高年で離婚した人の数が昔に比べると増えています。そして、最近では独り身のままではなく、次のパートナーを求めて結婚する人が増えているのです。離婚や死別以外にも、未婚の中高年が増えてきているということもシニア婚増加の理由になっています。

中高年の結婚式の魅力

結婚式は、若い人たちだけのものではない。これが人間らしい、本当の姿なのだと思った瞬間でした。
特別に何をしたという披露宴ではありませんでしたが、お二人を囲み、ゆっくりとお食事を楽しむ時間になりました。お開き後に、お二人にとっても喜んでいただけたのが何よりうれしかったです。
それは予想を超えて、私の心にとどまりました。いつかこれが、高齢でも結婚式を挙げることが、普通の姿であればいいなと思いました。

引用元:moririka-bridal-produce.com(引用元へはこちらから)
お互いに再婚同士の場合には、今度は離婚をしたくないという気持ちがあり、仲良く暮らしたいと強く願うようになります。こういった気持ちは相手への気遣いとして表れます。文句を言い過ぎて取り返しがつかなくなるようなことはありませんし、相手の地雷も踏むことはありません。
引用元:allabout.co.jp(引用元へはこちらから)

一度結婚をして離婚を経験した人は、その後の独身期間が長い人が多く、寂しい思いをしています。さらに、離婚の理由や自分の欠点を分かっているため、同じような失敗を繰り返すことはありません。また、相手の欠点を見つけてしまっても、一度孤独を経験しているため、許せるような広い心をもち喧嘩することはほとんどありません。

ここ数十年の日本の結婚式

まとめ作者