2016年06月28日更新
女性ホルモン 美容

究極の美容法?「女性ホルモン」でキレイになろう!

いつまでも若々しくいるために大切なのが女性ホルモンのひとつ、エストロゲンです。エストロゲンは「美人ホルモン」と呼ばれていて、女性らしい体をつくってくれるホルモンです。

1061
1

女性ホルモンを増やせばキレイになる!

2大ホルモンのバランスが整っていると、生理が正しい周期できたり、水分量を増やし弾力性のある肌を保持、シミやニキビのない美肌、健康な強い髪、ふくよかな体などを手に入れることができるのです。
引用元:www.womenjapan.com(引用元へはこちらから)
二種類ある女性ホルモンのうちエストロゲン(美人ホルモン)が特に美しさに欠かす事ができません。
引用元:allabout.co.jp(引用元へはこちらから)

女性ホルモンを増やす方法をみていきましょう!

ダイエットしない

過度なダイエットはエストロゲンの減少を引き起こします。
ダイエットにより自律神経のバランスが崩れると、エストロゲンを分泌するのに必要な性腺刺激ホルモンが減少してしまうからです。
エストロゲンが減ることで肌の調子は乱れ、女性的な魅力が減ってしまいます。
将来的には骨量の減少が心配されます。
引用元:kimeyaka-blog.com(引用元へはこちらから)

十分な睡眠をとる

エストロゲンは脳から出される性腺刺激ホルモンによって卵巣でつくられます。
睡眠不足が続くと脳が疲労し、正常なホルモンのコントロールが出来なくなります。十分な睡眠をとることが正常なエストロゲンの分泌に繋がります。

睡眠不足とは別に「月経前過眠症」といわれる症状があります。
これはもうひとつの女性ホルモンであるプロゲステロンが関わっています。
月経前になるとプロゲステロンの分泌が増え、体温が上がって眠くなる症状です。
引用元:kimeyaka-blog.com(引用元へはこちらから)

ツボを押す

ホルモンの分泌が活発になるのは夜なので、就寝前のリラックスした状態で行うのがもっとも効果的です。手が冷たい場合は、あらかじめ少し温めておくのがおすすめです。

壇中(だんちゅう)

両方の乳首を結んだ線のちょうど中心から指1本分ほど下に、押すと少しだけくぼむところが壇中というツボです。両方の人差し指~薬指を上下に重ね、少しずつ息を吐き出しながら3~5秒ほど軽く押します。これを4~5回ほど繰り返しましょう。デリケートな部位なのでワンセットあたり1分以内にとどめるよう気をつけてくださいね。

引用元:192abc.com(引用元へはこちらから)

まとめ作者