2016年06月28日更新
市販 美容室 サロン

市販と美容室のシャンプーは何が違うの?

いつも使っているシャンプー、何を基準に選んでいますか?  ブランド、香り、髪の仕上がりなど、選ぶ理由は人それぞれですね。 毎日使っているシャンプーが、髪の悩みの原因だったら……?  髪や頭皮やのトラブルを抱えている方は、 一度シャンプーを見直してみることをおすすめします。

6399
1
最近、シャンプーやコンディショナーなどでは、「ノンシリコン」という言葉をよく耳にします

引用元:nesno.net(引用元へはこちらから)
実は、美容室専売品のシャンプーでも、シリコンは入っている物が殆どなんです

引用元:detail.chiebukuro.yahoo.co.jp(引用元へはこちらから)
シャンプー容器の裏の成分一覧に、ジメチコン、シクロメチコン、シロキ、シリカ、メチコンという言葉がつく成分が入っているシャンプーは、すべてシリコンシャンプー

引用元:youpouch.com(引用元へはこちらから)
ノンシリコンシャンプーだからと安心してはいけません。特に市販で売られている商品や、CMでノンシリコンと広告している商品には注意して下さい

引用元:www.kitao.ne.jp(引用元へはこちらから)

ノンシリコンを謳う製品の成分表に「ラウレス硫酸」(ラウリル硫酸)と表記してある場合がありますが、これは本来は床の洗浄に用いられる強力な硫酸系の洗剤です。使い方を誤ると、頭皮の皮脂を必要以上に取り過ぎ、トラブルの元になる可能性も。

シリコンにも色々あって、シリコンの質が問題

引用元:detail.chiebukuro.yahoo.co.jp(引用元へはこちらから)

サロンシャンプーに含まれるシリコンは、水溶性であり、お湯で洗い流せるため髪に蓄積することはありません。
一方、安いシャンプーに使われているシリコンは疎水性で、使う度に髪の表面に蓄積していくとのこと。

自分に合ったシャンプーを選ぼう

髪質は人それぞれ。自分に合ったシャンプーをしっかり見つけて!

重要なのはサロン用、市販品それぞれの違いを理解したうえで自分に合ったシャンプーを選択すること

引用元:ny.assort-hair.com(引用元へはこちらから)
ノンシリコンシャンプーの文字ではなく、どんな洗浄成分が使われているのか、調べてから買うことがポイント

引用元:topics.jp.msn.com(引用元へはこちらから)
髪の毛は元々再生能力がありません。
傷んでしまったらシャンプーなどの家での毎日のホームケア次第でかなり変わってきます
引用元:cielblog.exblog.jp(引用元へはこちらから)
かゆくなるなどの症状が出る場合は、そのシャンプーがあわない恐れがあるので、使うのをやめましょう

引用元:www.rasysa.com(引用元へはこちらから)

まとめ作者