2016年06月28日更新
市販 美容室 サロン

市販と美容室のシャンプーは何が違うの?

いつも使っているシャンプー、何を基準に選んでいますか?  ブランド、香り、髪の仕上がりなど、選ぶ理由は人それぞれですね。 毎日使っているシャンプーが、髪の悩みの原因だったら……?  髪や頭皮やのトラブルを抱えている方は、 一度シャンプーを見直してみることをおすすめします。

6392
1
市販品の強すぎるだけの洗浄力は頭皮に悪影響を与える場合も。
引用元:blog.livedoor.jp(引用元へはこちらから)

サロンシャンプー(美容室シャンプー)の多くがアミノ酸系洗浄成分を使用しています

天然素材由来のアミノ酸系シャンプーは低刺激性で髪や頭皮にやさしい。
引用元:www.salonshampoo-ranking.com(引用元へはこちらから)

多少高くても…サロンシャンプーを使うメリット

市販のシャンプーと比較してお高めのサロンシャンプーは、値段相応のメリットがあります。

サロンシャンプー(美容室シャンプー)には髪に良い成分が多く配合されており、洗い上がりが良い

サロンシャンプー(美容室シャンプー)には市販のシャンプーには配合されていない、髪に良い成分が贅沢に配合されており、洗い上がりのコンディションが良くなるようです。
引用元:www.hairmake-lir.com(引用元へはこちらから)

低刺激の洗浄成分(高価)で作られていることが多く髪にやさしくても、きっちり洗いあげます

特定の成分だけを見て一概に良し悪しを判断することは難しいので気をつけて。
引用元:ameblo.jp(引用元へはこちらから)

ただし他の洗浄成分と比べて製造に手間が掛かる為、その分価格が高価になっています

元々美容師さんの手荒れを軽減する目的もあって開発されたアミノ酸系のサロンシャンプーですが、製造コストがかかってしまうため、その分市販品と比べ高価になっているようです。
引用元:www.salonshampoo-ranking.com(引用元へはこちらから)

シャンプーも化粧品と同じだと考えて。基本的には、値段の差は原料の値段の差なのです

価格が高くても良いものを選ぶか、そうでないものを選ぶか…生活スタイル次第でしょうか。
引用元:www.rasysa.com(引用元へはこちらから)

勘違いしやすい…「シリコン系」がNGというのはウソ!

まとめ作者