2016年07月13日更新
結婚 マリッジブルー 恋愛

知っておきたい!マリッジブルー原因と対処法

マリッジブルーは、結婚前なのに気分の落ち込みやイライラなどを引き起こすものです。 今回はマリッジブルーの特徴や原因、マリッジブルーを乗り切るための方法などを紹介します。

605
0
男女平等の社会、と言いますが、実際に結婚をきっかけに環境が大きく変わるのは、男性よりも女性の方が多いですよね。

仕事を辞めなくてはならなくなったり、彼の実家に引っ越し両親と同居することになったりと、結婚の申し出は嬉しいものの、実際に結婚に向けて動き始めると、様々な制約がかかってきます。


引用元:josei-bigaku.jp(引用元へはこちらから)
彼は結婚しても何も変わらないのに、私ばかり我慢や制約がある気がする…そんな風に感じて、彼への苛立ちや結婚することに対してネガティブな気持ちが芽生えてきます。

マリッジブルーで彼につらく当たってしまう、という人のほとんどは、この不平等さを感じているようです。
引用元:josei-bigaku.jp(引用元へはこちらから)

環境が変わることへの不安

結婚後はパートナーの仕事や住まいの事情で環境が大きく変わってしまう方も少なくありませんよね。 近くに友人や知人がいなくなってしまうような場合は心もとなくなってしまいますが、新しい環境にはその分新しい出会いもあります。

引用元:www.mwed.jp(引用元へはこちらから)
今までの生活がなくなってしまうのを嘆くのではなく、前向きに新しいことにチャレンジ出来る機会だと捉えてみるといいかもしれませんね。


引用元:www.mwed.jp(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

マリッジブルーを解消するコツ

実は、準備に集中し過ぎないのも、マリッジブルーと付き合うコツなのです。
結婚式が近づくにつれて、ふたりの間の会話といえば結婚式のことが中心になってしまいがち。
でも、マリッジブルーの新婦さまにとって、それはすごく酷なことで、不安と心配と緊張ばかりの毎日になってしまいます。
引用元:www.kekkonlabo.com(引用元へはこちらから)
そこで、1日1回、ふたりでワクワクするような話をする時間を作ってください。
ほんの少し、ささいなことでよいのです。たとえば……
「結婚したら、休みの日はふたりで何して過ごす?」
「週に1回は外で美味しいもの食べたいな。どこ行く?」
「新居の近くに公園あったよね。日曜日はピクニックしようか」etc.
会って話すのが難しければ、電話やメールでもかまいません。
引用元:www.kekkonlabo.com(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者