2016年06月28日更新
白髪 ヘアケア 悩み

「白髪は抜くと増える」はホント?知っておきたい白髪の事

アンケートによると女性のヘアケアの悩み第1位は白髪なんだとか。20代で白髪が生えているのを発見してショックを受けた方もいるかと思いますが白髪になる原因やメカニズムとは何?

4172
0
ビタミン・ミネラル・良質のタンパク質が不足し、内臓の働きが衰え、血流量が減ることで、白髪になることがあります

引用元:allabout.co.jp(引用元へはこちらから)
・動物性タンパク質……タマゴ、肉など(特に鶏がらスープ)
・ミネラル……ワカメなどの海藻類
・ビタミンB2……レバー、牛乳、卵、納豆など
引用元:allabout.co.jp(引用元へはこちらから)
食べ物の為、一度に取得するより、3回に分けて摂取する方が望ましいでしょう。食べ物の栄養は一度に摂取し過ぎても吸収されず排出されてしまいます

引用元:shiraga.hajime123.net(引用元へはこちらから)
画像を拡大

十分な睡眠

出典:www.ashiya-life.com
性別を問わず夜更かしによる睡眠不足、不規則な生活が原因と考えられる白髪も少なくはありません。

引用元:siraganokaizen09.seesaa.net(引用元へはこちらから)
成長ホルモンは午後10時から午前2時までの4時間の間に睡眠を取っていると活発に分泌されます。そのため、白髪だけに限らず健康な髪の為にはその時間帯にキチンと睡眠を取っていることが重要になってくる

引用元:www.atama-bijin.jp(引用元へはこちらから)
人間は寝ている時に、傷んだ体を治します。髪もお肌も、寝ているときに修復されるので、積極的に睡眠を取るようにするといいですよ。睡眠不足だと、血流が悪くなって、髪に栄養がシッカリ行き届きません。いろんな意味で、睡眠不足は髪の敵なんですね。

引用元:www.96kami.com(引用元へはこちらから)
画像を拡大

ストレス解消

出典:cside.main.jp
過度なストレスがかかると色素幹細胞がフル回転しメラニンを生成し、従来より早くその役割を終えてしまう

引用元:irorio.jp(引用元へはこちらから)
メラノサイトは、元々人間の神経細胞が分化したもので、非常に精神的な影響を受けやすいのです。
そのため、心労やストレスの多い生活を続けることで、メラノサイトの機能が低下しメラニン色素を生成しなくなり白髪になりやすくなるといわれています
引用元:www.infoyouth.org(引用元へはこちらから)
ストレスと髪の毛の関係はとても深く、身体にストレスがかかると、毛細血管が収縮してしまうため、毛母細胞の働きを弱める原因になります

引用元:allabout.co.jp(引用元へはこちらから)
白髪だけでなく、ストレスを抱えすぎると頭皮に栄養が回らなくなり、髪も細くなって、薄毛や抜け毛の原因となってしまうことも多いです。社会で生活をしていると、どうしてもストレスが溜まってしまうものですが、適度に発散させてあげるのが健康にも一番良い

引用元:www.atama-bijin.jp(引用元へはこちらから)
ストレスの作用によって自律神経が乱れて毛根の細胞の働きが弱くなることが原因と思われます。

引用元:www.lesgreves.com(引用元へはこちらから)

まとめ作者