2016年06月28日更新
ジェルネイル ネイルオフ オフ

初心者さんは特に知っておきたい!ジェルネイルをきれいに素早くオフする方法

ネイルって可愛くて女子力上がった感じするけど、オフがちょっと面倒くさい(泣)ネイルサロンにオフしに行きたいけど、お金も時間もないし、次のネイルの誘惑に負けそう...そんなあなたにお家で簡単に出来るジェルネイルのオフの仕方を教えちゃいます!

1566
0

アルミホイルの代わり-指サック

指全体を覆うタイプのゴム製指サックを使用すると、オフ中も軽作業できちゃいます。

コットン

画像を拡大

水分をたくさん含ませることのできるふわふわのコットンがおすすめです。

出典:www.amazon.co.jp

ジェルオフの仕方

ジェルの表面のみを削り取る

画像を拡大

ファイルでジェルを削ります。

出典:imgcc.naver.jp
まず目の粗いファイルでジェルの表面を削りとります。ストーンなどが付いている場合はストーンの表面が出てくるくらい削ってください。自爪が見えるくらい削ってしまうと削りすぎです。専用液の浸透はかなり早くなりますが、誤って自爪を削ってしまう可能性もありますのであくまでも表面の1層のみを削り取るイメージで削ってくださいね。

引用元:biyo-chikara.jp(引用元へはこちらから)

オフ液でジェルを溶かす

画像を拡大

アルミホイルをカットします。

出典:imgcc.naver.jp
10本共十分に削れたら次は専用のオフ液を十分に浸透させたコットンを爪の上に置きます。コットンが爪の上をちゃんとまんべんなく覆えているかを確認しながらアルミホイルで包んでいきます。アルミホイルを10本分巻けたら10分~15分時間を置きます。この際、室内の気温が低かったり、手が冷たかったりするとジェルが溶けにくいのでなるべく温かい状態で行ってください。

引用元:biyo-chikara.jp(引用元へはこちらから)

③コットンをカットします。

ジェルが自然に外れるまで時間を置く

10分から15分経ったら、アルミを取ります。オフ液が十分に浸透し、ジェルが完全に溶けている状態だと何もしなくてもジェルが自爪から外れていることがほとんどです。はずれていなくてもウッドスティックなどで削ってあげるとポロポロと簡単にジェルがはずれます。もしジェルがはずれない場合はまだジェルが十分に溶けていないだけなので再度コットンにオフ液を含ませ、アルミホイルで巻いてもう少し時間を置いてみてください。

引用元:biyo-chikara.jp(引用元へはこちらから)

まとめ作者