2016年06月28日更新
月9 衣装

【月9】「デート~恋とはどんなものかしら~」杏さんの衣装がかわいい!

2015年1月期フジテレビ系、月9新ドラマ「デート~恋とはどんなものかしら~」に登場している杏さんの個性的で可愛いドラマ衣装、あらすじを紹介します♪ 【画像クリックで画像が拡大されます】

540
0

デート 第2話  最近 流行っているんですか?フラッシュモブプロポーズ? あんなプロポーズされたら、ちょっと引いちゃうかも^^; さて、杏ちゃん第2話の衣装の紹介しますね。 今回紹介するのは、リュックです

デート 第2話! デート場所は、遊園地(ロケ地は八景島シーパラダイス)という事で、杏ちゃんの衣装は 全身山ガール風? 毎回、デート場所に合わせた(依子なりの・・)完璧すぎるファッションに身を包むという事なのでしょう。

第3話 2月2日

谷口巧(長谷川博巳)との交際終了を決めた藪下依子(杏)は、ホテルで開催されたお見合いパーティーに参加する。そこには、なぜか巧と島田宗太郎(松尾諭)も来ていたが、依子は気にせず新しい出会いを探し始める。ところが、ストレート過ぎる言動が災いし、依子は誰からも連絡先を聞き出せない。一方の巧は、宗太郎から「唯一可能性がある」と言われた会社経営者のみどり(杉本彩)に声をかける。

巧を援護射撃すると言って参加した宗太郎は、既婚者にもかかわらず秀子(三倉茉奈)と意気投合。巧を置き去りにする。

やがて、一人でいた依子の元へ巧がやって来る。依子は巧にある質問を切り出そうとするが、そこへ、榊原まゆ(吉谷彩子)が割り込んで来る。マンガが大好きだというまゆは、巧と盛り上がる。

同じ頃、島田佳織(国仲涼子)は、谷口留美(風吹ジュン)の美術教室で子供たちに絵を教えていた。その陰で、薬を飲む留美を佳織は心配する。また、藪下俊雄(松重豊)から、依子がお見合いパーティーに参加すると聞いていた鷲尾豊(中島裕翔)は気が気ではない。

再び一人になった依子の元には藪下小夜子(和久井映見)が現れ、依子の現状を皮肉る。イラついた依子が小夜子を消そうとチョップすると、その手が見ず知らずの岡島(岡田浩暉)に当たってしまう。依子は、謝罪をしようとホテルのバーで岡島に酒をおごる。心理カウンセラーだという岡島とグラスを傾けた依子は…。

3話 婚活パーティーでの衣装♡

IANNE(イアンヌ)の公式ショッピングサイトです。<[NAME]>フランスはパリでも最も古いパッサージュにお店を構えるバッグブランドIANNE(イアンヌ)。上質レザーを丁寧な職人が仕立てたパリらしいカラーのバッグです。【IANNE】

IANNE/BABY BRENDA

価格:\45,000(+税)

サイズ
横:約19cm(底)
高さ:約17cm(中央)
マチ:約10cm(底部分)
高さ(持ち手):約8cm(持ち手幅含む)
開口部ファスナー長さ:約26.5cm
*サイズは外寸です

仕様
内ポケット×2(フリーポケット、ファスナー付きポケット)
外ポケット×4(フロント、背面、サイド)

付属
ショルダーベルト(素材:牛革 ベルト全長(留め具含む):約81~144.5cm 幅:約1cm)
*ショルダーベルトは長さ調整が可能です。

◆女優・杏さん がドラマで愛用のミニバッグ
【数量限定】近日中に、ご予約オーダー受付開始いたします。
引用元:ianne-shop.jp(引用元へはこちらから)

第4話 2月9日

藪下依子(杏)と谷口巧(長谷川博己)は、クリスマスイブにデートをすることになった。本来なら、「クリスマスにデート」など受け入れないふたりだが、依子は藪下俊雄(松重豊)と小夜子(和久井映見)の、巧は谷口留美(風吹ジュン)の過干渉に辟易として、イブの直前に約束をする。

デート当日、なぜかサンタクロースの格好をした依子と普段着の巧は、カップルで賑わう商業施設にやってくる。ところが、巧が高熱を出してしまったためデートは中止となり、依子は巧を自宅まで送り届けることに。

その頃、谷口家はクリスマス会の最中で、留美の美術教室の生徒や、島田佳織(国仲涼子)、宗太郎(松尾諭)らが盛り上がっていた。巧は自室に倒れ込んでしまったが、依子はクリスマス会に参加させられる。

同じ頃、藪下家の俊雄を、鷲尾豊(中島裕翔)が訪ねてくる。一人でいるのが辛いという鷲尾に、俊雄は酒を付き合ってやる。やがて、酔いが回った俊雄は、押し入れからサンタクロースの衣装を引っ張り出す。それを着て幼い依子のサンタクロースになったのか、と聞く鷲尾に、俊雄は依子の幼少時代のエピソードを明かす。

一方、谷口家では、留美が依子に、巧の子供時代の話をしていた。クリスマスが大好きで、サンタクロースの存在も信じ、両親にプレゼントも贈っていたという幼い巧の話を、依子は意外な思いで聞いていた。さらに、留美は、巧が「高等遊民」になったきっかけを話し始め…。

第5話 2月16日

年の瀬が迫る頃、谷口巧(長谷川博己)は、島田佳織(国仲涼子)からカウントダウンパーティーに誘われる。新年を迎えた瞬間に、参加者同士がキスをするのが目玉のイベントで、仮装での参加が条件だという。佳織は巧に、藪下依子(杏)を誘って参加しろと言うが、巧は難色を示す。そんな巧に、島田宗太郎(松尾諭)は、交際して1ヵ月が経つのにキスすらしていない依子と巧にとって、イベントは絶好のチャンスだとけしかける。

同じ頃、依子も交際の進展について考えていた。藪下小夜子(和久井映見)も、4回もデートを重ねているのに何も経験していないのは異常だ、と依子を責める。気になった依子は、藪下俊雄(松重豊)に、小夜子との関係はどうだったのかと聞く。俊雄は5回目のデートで、キスから性交渉まで行ったことを明かした。

俄然やる気になった依子は巧に電話をかけ、その時が来た、と宣言。自分がデートプランをすべて立てるから、身一つで来てくれ、と言うと電話を切った。事情を悟った巧は怖じ気づくが、谷口留美(風吹ジュン)のためにも結婚は譲れない、と思い直す。

決戦の日、すっぽん料理店で落合った依子と巧は、すっぽんの生き血をすすり、黙々と鍋を食べる。やがて、やってきたタクシーに乗り、2人は依子の官舎へ。

その頃、依子の部屋には、合い鍵で入った鷲尾豊(中島裕翔)がいた。何も知らないふたりは、官舎に到着。巧を部屋に招き入れた依子は…。

第6話 2月23日

まとめ作者